幹の記

  • 幹工務店が教える!バリアフリー住宅の重要性と施工例!袋井在住の方へ。

    近年少子高齢化社会が著しく進み、それに伴い高齢の方が増えています。

    バリアフリー住宅とは、家の中に存在する不便性を解消した住宅であり、近年注目が集まっています。

    今回は、高齢の方と共に生活をする方や、これから訪れる老後に対して対策を行いたいと思う方に、バリアフリー住宅の具体的な施工例をご紹介します。

    ●玄関や階段の段差に手すりを設置する
    玄関や階段の段差は、高齢の方にとって非常に不便に感じます。
    運動能力が低下したことにより、階段は上ることは困難になります。

    補助として手すりを設置される場合が多く、上り下りの支えになりますね。
    また、室内の階段には、高齢者用エレベーターを設置させる方もいらっしゃいます。

    ●小さな段差がない内装にする
    例えば、通常の家の場合、部屋と廊下の間の境には、小さな段差がありますよね。
    高齢の方はたとえ小さな段差であっても、つまずいて転んでしまう可能性があるのです。
    転倒して怪我をしてしまえば、最悪の場合、一生寝たきりの生活を余儀なくされる場合もあります。
    小さな段差も作らないことが、バリアフリー住宅のポイントなのです。

    〇最後に
    今回は、バリアフリー住宅の具体的な施工例を2つご紹介しました。

    住宅の不便性を解消することが、これからの生活をより快適に、そして怪我なく過ごすための大きなポイントになります。
    以上の内容を参考に、ぜひバリアフリーを意識した家づくりを行ってはいかがでしょうか。

mail Contact us 幹工務店の家づくりに
興味のある方は、
お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ モデルハウス
お客様相談室 tel.053-453-0719

担当/佐藤・仲尾
受付時間 8:30〜18:00 定休日 日曜・祝日