「Landscape」を楽しむ2階LDKの家

Natural

「Landscape」を楽しむ2階LDKの家

両隣に家が迫る約33坪の敷地に4LDKの住まいを新築したお施主様。限られた敷地を最大限に活かすため、1階に和室と寝室、浴室といったプライベートゾーンを集約させ、暮らしの中心となるLDKは2階に配置。ダイナミックな勾配天井のリビングには柔らかな光が降り注ぎ、開放感に溢れています。

2階にLDKを持ってきたことで、住宅がひしめく環境にあっても、外からの目線を気にすることなく、バルコニーから周囲の景色を眺めることができるようになりました。LDKのコーディネートは造作家具を含め、インテリアを北欧テイストで統一。無垢の床の風合いともマッチして、シンプル&ナチュラルな雰囲気に心が安らぎます。

奥さまがこだわったキッチンは、壁付けのI列型。

シンクの正面にはスリット窓が設けてあり、階段から上がってくる家族の姿を確認できるようになっています。このスリット窓は、階段や1階の廊下スペースに明るさをもたらす役目も担っています。

キッチンの一角には、家事カウンターも造作で設置。

横長の窓から街の景色を眺めて、奥さまがコーヒータイムを楽しむことも。また、ダイニングにはお子さまのスタディコーナーを設置。キッチンからもよく見える位置にあるので、お子さまの様子を見守りながら調理や片付けをすることもできます。

一方、玄関とプライベートルーム、そして和室のある1階は、暮らしやすさや家族の将来を考えた間取りが特徴的。

まず、和室は客間として使いやすいように、玄関を入ってすぐの場所に配置。空間に圧迫感が出ないよう、吊り押入れを採用しました。

さらに、ご夫妻の老後を見据えて、障子を開けると主寝室とつなげて使えるようにしてあります。その他、お子様が家に帰ったらすぐ手を洗う習慣を身に付けやすいように洗面台を子ども部屋の隣に設けたり、階段下のデッドスペースをトイレに活用したりと、細部に渡るまで空間が無駄なく活かされています。

立地のハンディを設計力でクリアし、狭小地でありながら開放的に、そしてコンパクトでありながら大らかな暮らしを楽しめる住まいが実現しました。

mail Contact us 幹工務店の家づくりに
興味のある方は、
お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ モデルハウス
お客様相談室 tel.053-453-0719

担当/佐藤・仲尾
受付時間 8:30〜18:00 定休日 日曜・祝日