Warning: Undefined array key "HTTPS" in /home/miki1972/miki1972.jp/public_html/wp-config.php on line 72
「ダウンリビング・推しのこ」〜スタッフ・井草の推しアイテム〜 | 静岡県浜松市のデザイン注文住宅なら幹工務店
0%
2024.02.09

「ダウンリビング・推しのこ」〜スタッフ・井草の推しアイテム〜

幹工務店のスタッフのイチオシの素材やインテリア用品などを幅広くご紹介するコーナー。
今回は、現場管理担当・二級建築士の井草の「推し」をご紹介します。

僕がお客様にプランをご提案する際には、リビング空間の過ごしやすさを何よりも重視して設計を考えます。
なかでも、「過ごしやすさ」を特に重視したリビングとしておすすめなのが、「ダウンリビング」です。

ダウンリビングとは、リビングの床を一段下げることによって、空間を仕切る間取りのこと。
ダウンリビング以外にも、「ピットリビング」、「ダウンフロア」、「ステップダウンリビング」、「ローリビング」、「サンクンリビング」など、実にさまざまな呼び方があります。

吹き抜けよりもダウンリビング推し!

ダウンリビングを設けるには、LDKにある程度の広さが必要なので、広さに余裕があるときにはお客様にもよくご提案しています。僕個人としては、実は吹き抜けよりもダウンリビングがお気に入りというくらい推しのアイテムです。

ダウンリビングのメリット

では、なぜそんなに「推し」なのか。
それは、ダウンリビングには次のようなメリットがあるからです。

メリット1「開放感があって空間に広がりが感じられる」

キッチンやダイニングとリビングを仕切る際に、間仕切りを設けないことでフロアが緩やかにつながり空間が広く感じられます。
また、ダウンリビングはスペースが一段下がっているため、ダイニングキッチンからリビングを眺めると、ソファやテーブルなどの高さが目線よりも下の位置になり、床は広く、天井は高く感じられます。
一方、ダウンリビングに座っていると目線自体が下がるため、その分、天井が高く感じられるようになります。

メリット2「こもり感を楽しめる」

空間が一段下がっていることで、「こもり感」のある寛ぎ空間が生まれます。空間にもメリハリが生まれ、フラットな床にはない落ち着きを感じさせてくれます。

メリット3「床暖房を加えるとぬくぬく感が倍増」

ダウンリビングは床暖房との相性も抜群。冬でもポカポカの床に寝転んで、家族でまったりと寛げます。こたつやストーブ、ホットカーペットなどを使わなくてもいいので、インテリア性を損なわずおしゃれな空間を保てます。

メリット4「段差をベンチに利用できる」

段差の部分を腰掛けに利用できるので、友人や親戚など大勢の来客があったときも座る場所を確保できます。

メリット5「子どものプレイコーナーとして活躍」

子どもが小さいうちは、リビングに遊ばせておくと家具や家電にぶつかって怪我をしたり、目を離したすきに離れた場所に移動していたりと、心配がつきものです。しかし、ダウンリビングは空間が囲われているので、子どもが勝手に移動することもなく、一段床が下がっているので目も行き届きやすいため、安心して子どもを遊ばせられます。

ダウンリビングのデメリット

このように、良いことづくしのダウンリビングですが、注意しなければならないデメリットもあります。

デメリット1「床下の点検やメンテナンスが難しい」

床を一段下げると、その部分だけは床下点検ができません
また、全体の床下の空間も狭くなってしまうため、点検やメンテナンスが難しくなる場合があります。床下の点検やメンテナンスは、基礎の劣化やシロアリ被害の防止などのために必須です。リビングは配管を通すことがあまりないため、問題ないケースがほとんどですが、プランの際には設計士さんに確認しましょう。

デメリット2「バリアフリーにならない」

ダウンリビングは床にあえて段差を設けるので、バリアフリーの考え方とは真逆になります。お年寄りのいるご家庭では、段差が不便に感じられたり、転倒につながる場合もあるため、注意しましょう。また、ロボット掃除機が使いづらいというのもデメリットの一つです。

デメリット3「家具の置き場が限られる」

ダウンリビングはスペースが固定されるため、家具の置き場も限られます。そのため、模様替えを楽しんだりすることはできなくなります。

ダウンリビングにはこのようなデメリットがありますが、それを理解した上で採用する分には全然問題ないと思いますので、興味がおありの方は検討してみてください。

ダウンリビングの床材は何を使う?

無垢やフローリング、フロアタイルなど、ダウンリビングを含めてLDK全体の床を統一すると、全体的に統一感が生まれ、空間に広がりが感じられます。

一方、ダウンリビングの部分だけ床を他のスペースと変えることで、デザイン性や寛ぎ感に変化をもたらすことができます。ダウンリビングでスポット的によく使われる床材をご紹介します。

【板張り】

フローリングの色や素材を変えて空間にアクセントをつけることができます。リビングのみ無垢材を用いて素材費を節約するケースもあります。

【カーペット】

床にカーペットを用いると、座ったときに温かみがあり、感触も柔らかで優しい印象になります。子どもを遊ばせておくのも安心です。

【畳敷き】

畳敷きを採用すると、LDKに和のテイストが加わって和モダン風に演出できます。昭和の時代のように、食後に家族揃って畳の上でごろんと寝転んで寛ぐのも心地いいもの。なかには、ダウンリビングでコタツを使っているご家庭もあると聞きます。(いいですねぇ・・・僕は特に畳敷きがおすすめです!)

・・・いかがですか?皆さんもダウンリビングの魅力を十分にご理解いただけたでしょうか。

幹工務店の恩地町モデルハウスには、畳敷きのダウンリビングが採用されています。ダウンリビングに興味がおありの方は、お気軽にご見学ください。