Homeブログ(幹の記) , スタッフ紹介「幹」のニューフェイスたちの「今」に密着!〜 金井 俊樹くんの「今」〜

「幹」のニューフェイスたちの「今」に密着!〜 金井 俊樹くんの「今」〜

こんばんは浜松市の幹工務店です。

昨年入社したニューフェイスたちの「」をリポートするシリーズ、

今回は現場管理担当の金井 俊樹くんをご紹介します!

若き現場監督として現場を統括する金井くんに、入社してからのあれこれを私・山下奈津美がインタビューしました。

Q:今はどんな仕事をしていますか?

A:着工から完成まで、家を建てる工程のスケジュール管理や、現場の職人さんたちの動きを管理する仕事です。家を建ててくれる職人さんも、いつ何をすればいいかという指示がなければ現場で作業できないので、その指示を出しています。

Q:これまでで大変だったことは何ですか?

A:現場監督は、職人さんや営業の担当者さん、お客様と常にコミュニケーションをとりながら家づくりを進めていかなければならないのですが、最初はコミュニケーションの取り方で戸惑ってしまうことが多かったです。自分よりも年上の方が多く、知識もまだまだ十分でない中で、どんなことを話したらいいかわからなかったり、話しかけるタイミングが難しかったりして・・・。でも、いい家づくりのためには、コミュニケーションを通していい関係を築いていくことが大切ですから、これからもっと知識や経験を積んで、皆さんとうまく対話していきたいです。

Q:金井くんは現場の職人さんたちにも可愛がられていますよね。いいコミュニケーションが取れているのでは?

A:だと嬉しいですね(笑)。職人さんの作業の流れが少しずつわかってきたのもあって、段々と話しやすくなってきました。最近は休憩時間に一緒にご飯を食べたりコーヒーを差し入れたりして、自分から積極的にコミュニケーションを図るようにしています。

Q:やりがいを感じるのはどんなときですか?

A:担当する範囲が広いので、頭で考えながら現場を動かしていくのはとてもやりがいがあります。それから、お施主さんが現場を訪れたときに「いい感じに進んでいますね」と言って喜んでいただけると、すごく嬉しいです。お施主さんにとっても気持ちの良い現場となるように、掃除もしっかりやって、現場をきれいに保ちたいと思います。

Q:幹工務店の家づくりの良さはどんなところだと思いますか?

A:全てがあらかじめ決まっているわけではなく、お施主さんや職人さんや営業さんと話し合いながら完成させていくというのがすごく魅力的だなと思います。みんなで一緒に一つのものを作っていく感じは、この会社の個性であり、良いところですね。また、現場監督の立場から言うと、幹和会(当社で仕事をお願いしている業者さんの集まり)の職人さんは、どなたも常にプライドを持っていて、半端な仕事は絶対にしないので、お客様には自信を持っておすすめしたいです。

Q:これからこの会社でどんなことをやっていきたいですか?

A:監督だけでなく、一度全部の仕事を経験してみたいです。その中で、自分に一番合った役割を見つけられるといいな。それと、資格の取得にもどんどん挑戦していきたいと思います。

・・・・・・・・・・

金井くんは現在、現場監督の大ベテランの工務部長・角津さんのもとで仕事を学んでいます。ときには角津よりもしっかりした一面を見せることもあり、若いながらもとても頼りになる存在です。インテリアのセンスも抜群なので、これから幅広い分野で活躍していくのを楽しみに見守っていきたいと思います。

文: 広報担当・インテリアコーディネーター 山下 奈津美

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP