Homeブログ(幹の記) , 施工事例 , ナチュラル , お客様の声-Miki's Life- , トータルアドバイザーの仕事お施主様との家づくり対談:磐田市Hさま邸

お施主様との家づくり対談:磐田市Hさま邸

こんばんは幹工務店です。

本日発行のフリーマガジン・イエタテ、もうご覧になりましたか?

当社の施工事例が紹介されていますので、ぜひご覧くださいね

今回は、誌面に掲載された磐田市・H様邸の奥さまと担当の私・仲尾との対談をご紹介します

前回ご紹介した施工事例と併せてご参考ください

■家を建てようと思ったきっかけは?

奥さま アパートが手狭になってきたからです。それに、これからの将来を考えるとやっぱり持ち家が欲しいなと思って。私の実家に敷地があったので土地も決まっているし、いずれは一戸建てを建てようと以前から思っていました。

■幹工務店のことは何でお知りになりましたか?

奥さま 私の知人に「どこかいい工務店さん知らない?」と聞いたら、「そういえばこの間、友人が家を建てたので見に行ったら、なかなか良かったよ」と話してくれたんです。それが幹工務店さんの建てた家だったんですよ。実は当時、別の工務店さんも検討していたんですが、ちょっとしっくりこなくて・・・。それで幹工務店さんを訪ねて仲尾さんに出会ったというわけです。

仲尾 最初は、ご主人が当社に電話をくださったんですよ。それでちょっと会話をして、モデルハウスに来ていただくことになりました。確か、浜北モデルハウスができたばかりの頃でしたよね?

奥さま そうそう、そうでしたね!モデルハウスを見学して気に入ったのも幹工務店さんを選んだ理由の1つです。

■家づくり計画はどのように進めていかれましたか?

奥さま マイホームを考え始めた当初はまだ子どもがいなかったので、2人で住む家を計画していたんです。それで、最初に住宅展示場を見学しに行きました。その中でもボックス工法の鉄骨造の家が気に入って、あるハウスメーカーと契約まで至ったんですよ。でも、契約後の対応に誠実さが感じられなくて・・・。どんな建物になるかわからない段階で契約させられて、お金も先に100万円振り込まされて、契約書の名前も間違えられて・・・というようなことが重なったんです。

そんな時にちょうど子どもを授かって・・・そうなると自分たちの人生設計も変わりますよね。それで、やっぱり信頼できない会社で家を建てるのは止めようということになり、契約を破棄したんです。

本当は、子どもが生まれるのとほぼ同時に家に入居できるようにしたいと思っていたんですが、そんなことがあってから家を建てることに臆病になってしまって、子どもが生まれてからじっくり考えることにしました。それで、今度はもっと信用のおける地元の会社がいいなと思って、地元の工務店さんを検討し始めたんです。

■工務店選びでは、当社以外に何社くらい検討されたんですか?

奥さま ハウスメーカーとの契約を破棄してから幹工務店さんに出会うまでの間に、地元の工務店をもう1社検討しました。その工務店さんにも図面を提案していただきましたが、それが私たちの要望とズレた内容だったんです。私たちが一番の希望していたことに対して「できません」と言われ、その希望が反映されていないプランを提案されて。しかも、図面の内容がその会社の展示場とほとんど同じだったんですよ。確かに以前、その会社の展示場を訪ねた際に「この間取り良いですね」とは話したんですが、自由設計の家づくりをされている会社さんなのに、それはないかなと思って。「そうか、私たちの家づくりのことを本気で考えてくれていないんだな・・・」と、とても残念に思いました。

■幹さんを選ぶ決め手になったのは?

奥さま まず、仲尾さんとは初めて会ったときから不思議と何でも話せたんですよ。これまでの経験から、担当者さんに何でも相談できることがとても大事だと感じていたので、仲尾さんと出会えて本当によかったです。それに、私がお願いした要望を全部入れた図面を作ってきてくださったことも決め手になりました。最初の打ち合わせの際に、「これくらいの坪数がいい」という要望はお伝えしたんですが、多分その坪数だと私たちの要望は入りきらないんですよ。でも、仲尾さんは「ちょっと坪数が大きくなっちゃったけど・・・」と断りを入れつつ、私たちの要望を全部入れ込んだ内容の図面を提案してくださったんです。それまでの会社は坪数を優先して、私が欲しいものを「やっぱりこの坪数では入りきれませんでした」と言って、要望が反映されていない図面を提案されたので、対応が全然違うなと思いました。

■その「一番の要望」とは何だったんですか?

奥さま キッチンの背面に奥行きが1畳分くらいあるパントリーを設けることです。でも、他社には「扉式の壁面収納しかできません」と言われていたんです。私はキッチンとパントリーを特に重視していたので、そこは外せない条件でした。

それと、主人は「自分の趣味のスペースがあったらいいな」と思っていたそうなんですが、他社にはその要望を話せなかったんです。でも、仲尾さんはとても話しやすかったので、趣味のスペースが欲しいという要望を伝えることができました。

■実際に住んでみて、特に気に入っているのは?

奥さま 全部気に入っていますが、やっぱりダイニングキッチンが1番ですね! レッドシダー張りの天井とキッチンの腰壁のブルーが特に気に入っています。

仲尾 このダイニングキッチンは、最初に奥さんが見せてくださったイメージ写真とほぼ同じなんですよ。レッドシダーと青のキッチンはこのイメージから外れてはいけないと思い、相当がんばりました(笑)。

奥さま そうそう、最初の打ち合わせの頃に仲尾さんに写真を見せながら、「こういう風にしたいんですけど、できますか」って聞いたんですよね!

仲尾 そうですね。うちの会社は「できない」って言わないんで(笑)、「やってみます」って意気込んで言いました(笑)。できなそうなことでも「とりあえずやってみよう」というポリシーなので(笑)。

奥さま それを聞いて「え!できるんだ!」ってすごく嬉しくなったのを覚えています。

■キッチンのブルーがすごくインバクトがありますね!

奥さま そうなんですよ。この色一択と決めていたので、仲尾さんがこの色に近づけるためにいろいろ苦労されているようでした。

仲尾 この色は正直言って超大変でしたよ(笑)。全部造作家具でつくるとかなり高額になるので、腰壁をクロスにして、ニッチを埋め込んで、最終的にこういう形に落ち着いたんです。

奥さま インテリアコーディネートの段階で、室内に使う色がだんだん増えていったので、仲尾さんやコーディネーターの山下さんのアドバイスでだんだん減らしていきました。

仲尾 そうでしたね。ブルーに加えてレッドシダーの木目も入るので、色の使い方には気をつけないといけなくて。下手をするとごちゃごちゃしちゃうのでね。青の配分も、(そこまでやるとヤバいぞ・・・)と焦って、どう奥さんを説得するか悩みました(笑)。

奥さま 私も悩んだけど、結局仲尾さんたちの提案に従った結果、やっぱりそれが正解だったなと思いますよ。自分の思ったようにコーディネートしていたら、すごいことになっていたかもしれません(笑)。

■ご主人のパーソナルジムはもともとのご要望に含まれていたんですか?

奥さま 最初は書斎とか趣味の部屋を希望していたんですが、途中からそういう要望が湧いてきたんです。アパート時代は夜に外を走っていたんですが、この辺りは夜になると外が暗いので怖いし、家の中で走れたらいいなということになって、いつの間にか書斎がトレーニングジムになりました(笑)。以前ハウスメーカーや工務店さんにプランしていただいた際には、主人はそういう要望さえ遠慮して言わずにいたんですよ。でも、仲尾さんなら何でも要望を叶えてくれるとわかったから、「とりあえずなんでも言ってみようよ」っていうことになって(笑)。「ダメだったらそれで止めればいいけど、もし要望を話して叶うならラッキーだよね」、「多分仲尾さんがなんとかしてくれるんじゃない?」って夫婦で話していました(笑)。

仲尾 もう「なんでもこい!」って感じです。まさしくドラえもんみたいな工務店ですよね(笑)。以前のハウスメーカーさんや工務店さんとのことも伺っていたので、お気の毒にと思って、その分、当社で家づくりをとことん楽しんでいただいて、大満足の新居が完成するように、当社で挽回しないと!っていう思いが強かったです。

■実際の住み心地はいかがですか?

奥さま すごく快適です。困ることが何もないですね。特に、子どもと一緒に遊べる場所が増えたことや、自分が料理を作っているときでも家族がそばにいて、団欒を楽しめるようになったことがとても嬉しいです。

仲尾 お打ち合わせの際にアパートにも伺って、「この家具は新居でも使いたい」とか、「これだけあるおもちゃをどこにしまうか」とか、実際の暮らしぶりを拝見しながら話を聞かせていただいたので、Hさんの暮らしに合った住まいをご提案できたと思います。

奥さま 私たちはこだわる部分には徹底的にこだわるんですが、それ以外はほとんどこだわりがないので、仲尾さんが「コレいいよ!」って勧めてくださったものをほとんど受け入れたんですよ。水回りの動線やダイニングのスタディコーナーなどの間取りや細部の仕様もほぼほぼお任せだったんですが、結果的にこんなに暮らしやすい家になったので、大正解でした。

仲尾 私も、任せていただいた部分が多くてすごく嬉しかったし、やりがいを感じましたよ。デザインについても、階段のアイアンの手すりを角形にするとか、細かいところまでこだわって提案させていただきました。

■仲尾さんが担当でよかったと思うところは?

奥さま 先ほども言いましたが、とにかく相談がしやすくて、「こういう風にしたい」とか、「こういうものをつけたいです」って話すと、すぐに調べて情報を提供してくれて、「これいいね!」って一緒に選んでくれたりしたんです。そういうのがすごくありがたかったし、計画を進めていく上ですごく助かりました。ラインのグループにもなっているんですが、家の雑誌を見てて「あ、この家のこういうところいいな」って思うと、スマホでカシャっと画像を撮って、すぐ仲尾さんにラインで送って、「こういう感じ、いいですよね」ってやりとりしていた感じです。ウォークインクローゼットの壁紙も「グリーンがいい!」と伝えたら、一生懸命探してくださいましたよね。仲尾さんと話をしながら、自分のやりたいことがだんだん形になって見えてくるのがすごく楽しかったです。

仲尾 グループラインで打ち合わせの日程のご連絡をすると、毎回ご夫婦おふたりともご丁寧に「楽しみにしています!」とお返事をくださったのがすごく嬉しかったです。最初の出会いからずっと仲良くしてくださって、こちらこそ感謝しています。

■これから家を建てる人へのメッセージは?

奥さま 私たちは家づくりを計画当初、住宅会社を何社も回って検討するのは面倒くさいと思っていたんですよ。打ち合わせに何回も通っていたら時間がかかるし、休日はそんなことをするよりも遊びに行きたいと思っていたから(笑)。でも、今振り返ると、それがいけなかったと思います。もっと色々な会社を回ってモデルハウスなどを見学していれば、「こんなやり方があるんだな」とか、「こんな風に提案してくれる会社があるんだな」ってわかったでしょうけれど、最初に1社だけ見てそのまま契約しちゃったのが間違いだったかなと思います。だから、時間をかけてじっくり家づくりを検討したほうがいいと思いますね。急いで建ててもいい家は建たないと思います。

・・・・・・Hさま、どうもありがとうございましたご家族がとても楽しそうに暮らされているのを拝見できて安心しました。これからも末永いお付き合いをどうぞよろしくお願いします

文:トータルアドバイザー 仲尾 久造(二級建築士)

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP