幹の記

  • クローズドキッチンのメリット・デメリット

    クローズドキッチンはリビングやダイニングなどほかのスペースから独立したキッチン のことで、三方を壁に囲まれ、一方に出入り口が設けられているケースが一般的です。

    現在の住居では対面式のオープンキッチンに人気が集中していますが、クローズドキッチンにも多くのメリットがあります。

    例えば調理中の臭いや煙、音などが他の部屋に流れにくいためこれらを気にする必要がありません。

    また独立したスペースがあるため治具などの調理用品を多く収納することができます。

    リビングやダイニングからの視線を感じずに済むため調理に集中することが可能です。

    反対にデメリットとしてはリビングやダイニングとのコミュニケーションが取りにくいことや、ダイニングテーブルまで配膳する動線が長くなることなどが挙げられます。

    このようにメリット・デメリットはそれぞれあります。

    しかし、たとえメリットであってもその人にとってはデメリットに、デメリットであってもその人にとってはメリットになることもあるものです。

    そのため、家族構成や調理の頻度、食器や調理用品の数などライフスタイルに合わせたキッチン選びが良いでしょう。

お客様相談室TEL.053-453-0719 資料請求・
お問い合わせ

mail Contact us 幹工務店の家づくりに
興味のある方は、
お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ モデルハウス
お客様相談室 tel.053-453-0719

担当/佐藤・仲尾
受付時間 8:30〜18:00 定休日 日曜・祝日