Homeブログ(幹の記)シックハウス症候群の恐怖

シックハウス症候群の恐怖

念願かなって家を購入し、綺麗な住居環境で過ごせるようになった反面、体調に違和感を感じたりすることがあります。
引越ししたころから頭痛や発疹、鼻炎やアレルギー症状が出たり、目がちかちかするなど、原因不明の体調不良に悩まされるようになってしまった、という人が増えているようです。

住居に由来する、様々な健康被害の総称をシックハウス症候群と呼び、建築業界でも問題視されるようになっているようです。

このシックハウス症候群の原因としては、住宅の高気密、高断熱化が進んだことが挙げられます。
新建材と呼ばれる化学物質を含有した建材、塗料や接着剤が多く用いられるようになったことがその理由です。
室内空気が汚染され、住む人の健康に悪影響を与えるようになってしまったと考えられています。

しかし、シックハウス症候群は住宅だけではなく、カーテンや絨毯、家具などから揮発する化学物質が原因の場合もあります。
またダニやカビの発生によるところもあるなど、一方面からだけの考え方では、解決できないこともあります。

どういった状況の時に一番症状がひどくなるかを探り、しっかりとした対策が必要だといわれています。

ブログ カテゴリー一覧

PAGE TOP