Homeブログ(幹の記)シロアリの恐怖!鉄骨住宅やRC住宅でもシロアリ被害はある

シロアリの恐怖!鉄骨住宅やRC住宅でもシロアリ被害はある

住まい環境を脅かすものの一つにシロアリが挙げられます。
シロアリの被害を受ける建築物は年々増え、その被害総額も年間1000億円以上とも言われています。

ところでみなさん
「シロアリは木造住宅特有の被害だから新築は鉄骨住宅かRC住宅にしよう」
「私の家はRC住宅だからシロアリ被害を受けることはない」
と思って安心していませんか。
その考えは大きな間違いです。

実際、鉄骨住宅やRC住宅(鉄筋コンクリート住宅)でもシロアリによる被害は起こっています。

なぜ鉄骨住宅やRC住宅でもシロアリの被害を受けてしまうのでしょうか。
それは鉄骨住宅やRC住宅でも木材や断熱材などの材料が使われている部分があるからです。
シロアリは湿気の多いところで見られる腐った木材のような柔らかい木材を好む上、断熱材や紙なども食べてしまいます。
ですので鉄骨住宅やRC住宅でもシロアリ被害は起こってしまうのです。

RC住宅でシロアリ被害を受けた場合はその施工費用が高くついてしまう場合もありますので、定期的な点検と調査することをオススメします。

いかがでしたか。
鉄骨住宅やRC住宅でもシロアリ被害が起こってしまうなんて意外ですよね。
安心安全の住まい生活を送るためにもシロアリ対策は念入りにしておくとよいでしょう。

ブログ カテゴリー一覧

PAGE TOP