Homeブログ(幹の記) , 家づくりノウハウ住まいのカラーコーディネート

住まいのカラーコーディネート

こんばんは幹工務店です。

今回は、当社でコーディネートを担当している私・山下奈津美が、

住まいをカラーコーディネートする際のポイントについてご説明します。

■インテリア・スタイルの基本

インテリアコーディネートにはさまざまなスタイルがありますが、3大分類となるのがナチュラル・モダン・クラシックの3種類です。

①ナチュラルスタイル

木材やファブリックなど、素材の感触を大切にした人気のスタイルです。基本的にはナチュラルな木材とホワイト系の内装などを用い、ファブリックやインテリアでアクセントを付けていきます。このナチュラルテイストは日本人に特に人気です。

②モダンスタイル

モノトーンなど、色味を抑えたコーディネートや、シンプルなフォルムなどを基本とし、簡潔でスッキリとした印象に加え、フォーマルな雰囲気も漂わせたインテリアスタイルです。斬新かつシンプルなデザインの家具を中心に構成し、現代の生活環境にフィットするスマートで洗練された雰囲気を演出します。

③クラシックスタイル

トラディショナルなヨーロピアンスタイルのインテリアコーディネートです。重厚感があり、豪華な装飾や曲線美を活かしたデザインの家具がよく用いられます。カラーは木目や深みのある色味の家具を中心にコーディネートし、気品に溢れた空間を演出します。

上記の3つのインテリアスタイルは、モダンクラシック、ジャパニーズクラシック、ナチュラルモダンなど、さらに細分化され、それぞれに多彩で個性あふれるインテリア空間を演出します。

■内装のカラーの選び方

室内をコーディネートする際には、床や壁、天井といった大きな面積を占める部分の素材選びが重要です。

まず、床選びをインテリアコーディネートの出発点と考えると、たとえば無垢の床を使うことにした場合、樹種や塗装によって実にさまざまな種類の色目があります。よく使われる木材にはライト色やミディアム色、ダーク色が多いですが、木材はどれもベースの色がオレンジになります。オレンジという色にも赤みがかったものや、青みがかったものなど、色々な種類があります。その「ベースの色」と揃えて壁や天井の色目を選ぶことがポイントです。

また、インテリアは家具や照明、ファブリックなどを組み合わせて成り立つので、壁を白系にすると他のインテリアを合わせやすくなります。ただし、単純に「白」といっても、床の無垢材と同様に、グレーがかった白や、ベージュに近い白や赤みがかった白など、色々な白がありますので、床のベースが赤だったら、壁も赤みがかった白を選ぶとしっくりきます。

例えば、床の木目のベースの色がブルーなのに、白い壁は赤みがかったものを選んだりすると、なんとなく落ち着かない雰囲気の空間になってしまいます。逆に、オシャレなカフェやレストランに行ったとき、綺麗だなと感じたり、ゆったりと寛げる場所というのは、カラーコーディネートが適切になされているからです。つまり、カラーコーディネートによって、居心地のいい空間と落ち着きのない空間の差が無意識に生じるのです。

ただし、広告販促物など注目をさせたいものを作る際には、あえて目に留まるレイアウトにするために、反対の色を使用する場合があります。住宅の場合は居心地のいい空間を作ることが目的なので、ベースのカラーを統一することが望ましいといえます。

 

最近は、グレーがトレンドで、グレイッシュブルーやグレイッシュピンクなど、他の色でもくすんだ色目が人気ですが、グレーはオレンジをベースとする木目の床とは相性が悪いので、コーディネートが難しいとされています。つまり、無垢の床にグレーの壁や天井を合わせるのは、意外と難易度の高いテクニックなのです。

このように、「木目の床」「白い壁」と一言で表現しても、実はその色を構成するベースカラーが色々あり、ベースカラーを統一させて素材を選ぶことが居心地のいい空間作りの重要なポイントです。

とはいえ、カラーコーディネートを専門的に勉強した人でなければ、それぞれの素材のベースカラーを分析して組み合わせを考えるのはなかなか難しいものです。そこで登場するのが、インテリアコーディネーターです!

インテリアコーディネーターは床や壁、天井の素材選びも、プロとしての観点からご提案しますので、実際に暮らしたときに居心地の良さに差が出ます!

私も当社で家を建てられるお客様が内装を選んだり、カーテンを選んだりする際のお手伝いをさせていただいていますので、インテリアのことならなんでもお気軽にご相談ください

当社の施工事例も、インテリア・スタイルの3大分類である「ナチュラル・モダン・クラシック」というスタイル別に事例をご紹介しています。インテリア演出の違いもよくわかりますので、ぜひご参考ください↓

https://www.miki1972.jp/gallery/

 

文:広報担当・インテリアコーディネーター 山下 奈津美

 

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP