Homeブログ(幹の記)家づくりQ&A:住まいの性能について

家づくりQ&A:住まいの性能について

こんばんは♪幹工務店です。春爛漫のシーズン、入園や入学など、お子さまやご家族の新しいスタートに心が浮き立つ時期ですね。

 

そんな楽しい時期に水を挿すようで恐縮ですが、4日後の4月14日は今から2年前に熊本地震が起こった日。どんなときでも防災意識はしっかりと持ち続けたいものです。

そこで今回は、耐震性をはじめとする当社の住宅性能について、Q&A形式でご説明します。

 

 

Q:幹工務店の建てる家の耐震性や耐久性はどの程度まで安心できますか?

 

A:当社では、耐震性、耐久性、維持管理、省エネルギー性のどれについても「長期優良住宅に相当する家を標準仕様としています。

特に耐震性については、壁に耐力面材を用いることで、耐震等級の最高ランク「3」を基本としています。入居後も地震や災害からご家族を守り、安全な暮らしをご提供しますので、どうかご安心ください。

 

 

Q:建物の断熱性はどうですか?

 

A:幹工務店の建てる家は「吹付け断熱を標準仕様としているため、気密性が高く、結露の心配がありません。また、断熱性も最高等級4を基本とし、省エネで年中快適な住まいをご提供しています。内装についても、床に無垢材をすすめる場合が多いので、冬でも素足で過ごすことができ、床暖房が無くても充分に暖かく過ごせます。

 

さらに、当社では創業以来「光と風を家づくりのコンセプトに掲げており

風通しのことは一番に考えるようにしています。そして、できるだけ自然の光や風を利用して気持ちよくお過ごし頂ける住まいをご提案しています。

また、ZEHの施工業者(ZEHビルダー)にも登録し、2020年の義務化に向けてZEHの推進にも前向きに取り組んでいます。

 

 

幹工務店のつくる家の構造や仕様について、もっと詳しくお知りになりたい方は、HPまたはお電話でお気軽にお問い合わせください。資料のご提供も行っています。モデルハウスへのご来場もお待ちしています(^^)

▼お問い合わせページ▼

http://www.miki1972.jp/inquiry/

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP