幹の記

  • 家事動線とは

    家事導線とは、炊事、洗濯、掃除、といった家事をするときの人の動きを線で表した言い方です。

    多くの人は、台所で食事の支度をしながら、洗面所では洗濯をするというように、複数の家事をこなしているものです。

    この作業に必要な移動の距離が短いほど、時間が短縮され、効率が高くなると言えます。

    家事動線はできるだけ短くしたいものですが、あらゆる作業をひとまとめにした部屋の作りを実現することは難しいものです。

    そこで、一番長く使う台所を中心に動線を考えるとよいでしょう。

    あなたが調理をしながらよく行なう作業は掃除ですか?それとも洗濯でしょうか?

    掃除をすることが多ければ、掃除機や掃除用具は、台所から近い所に収納するのが効率的です。

    調理をしながら洗濯をすることが多いのであれば、台所の近くに洗濯機があるのがよいです。

    洗濯物の干し場所は、日当たりの問題がありますから、台所とは離れてしまうかもしれません。

    その場合には、洗濯物を取り入れて、たたむ、アイロンをかける、しまう、という一連の作業が効率よく行える動線を考えるのがよいです。

    このように、二つぐらいの動線を意識して、収納や配置を工夫すると、効率的に生活することができますよ。


お客様相談室TEL.053-453-0719 資料請求・
お問い合わせ

mail Contact us 幹工務店の家づくりに
興味のある方は、
お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ モデルハウス
お客様相談室 tel.053-453-0719

担当/佐藤・仲尾
受付時間 8:30〜18:00 定休日 日曜・祝日