Homeブログ(幹の記)家相と上手に付き合おう!

家相と上手に付き合おう!

こんばんは♪幹工務店です。

家づくりの際に、なんだかんだ言っても無視できない「家相」

せっかく憧れのマイホームを建てたのに、家相が悪いと言われたら意気消沈してしまいますもんね(^_^;)

そこで当社では、お客様の住まいをプランニングする際にあらかじめ家相をお調べしています。

とはいっても、あまり家相にこだわり過ぎると思い通りの間取りが実現できなくなってしまうので、最低限、「表鬼門」と「裏鬼門」だけはしっかりとみるようにしています。

 

では、「表鬼門」と「裏鬼門」には一体どんな意味があるのでしょうか?

 

 

まず、表鬼門」とは、建物の中心からみて北東にあたる場所を示します。

「表鬼門」が凶相だと家運が下がり、災いを呼ぶといわれています。

 

次に、「裏鬼門」とは、「表鬼門」の対面にあたる南西の方位のことで、「裏鬼門」が凶相だと勤労面での悪影響や家庭内のトラブルなどの凶事に見舞われるといわれています。

 

凶相とは、「表鬼門」や「裏鬼門」の方角に、家の入り口にあたる玄関や門、キッチンや浴室などの水回り、そして不浄の象徴であるトイレを配置した状態のことを示します。

 

「表鬼門」の北東や「裏鬼門」の南西が災いを生む方位とされているのに対し、
「辰巳」の方位といわれる東南は、最上の吉方位とみなされています。

なぜなら、日が昇る東と日当たりの良い南の両方からエネルギーを得られるからです。
特に、この方角に玄関を設けると商売繁盛や出世、経済面の安定などさまざまな幸運に恵まれるといわれています。

 

 

そのほかにも、玄関の上にトイレを配置したり、玄関の前を汚水管が横切ったりしてはならないといったことも家相ではよく言われてきました。

しかし、昔の家はトイレが汲み取り式のため常に汚水が溜まった状態でしたが、現在の住宅は殆どが水洗トイレなので、そんなに気にしなくても大丈夫です。
もし、それでも気になる場合は「風水」をとり入れ、浄化や厄除けの色でカバーするのも一案です。

 

 

とにかく、あまり家相を気にしすぎて理想の間取りが実現できなくなってしまうのは本末転倒なので「ほどほどが肝心」だと思いますが、「それでもすごく気にかかる・・・」という方も、どうかご安心ください!
当社では家相だけでなく、お客様のご希望に応じて、神主さんに年回りもみてもらうようにしています。

家相や年回りについて不安がおありの方は、どうぞお気軽にご相談くださいね(^^)/

 

▼お問い合わせページ▼

http://www.miki1972.jp/inquiry/

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP