Homeブログ(幹の記)幹のリフォームおすすめポイント~前編~

幹のリフォームおすすめポイント~前編~

こんばんは♪幹工務店です。

当社では、住まいの新築と同様にリフォームも承っています。

4月に開催した「デザインリフォーム相談祭」には、おかげさまで41組のお客様がご来場くださり、皆さんのリフォームに対する関心度の高さがうかがえました。

 

なかには、ハウスメーカーで家を建てられた方が水回りのリフォームの相談にみえた例もありました。

 

棚や収納スペース、造作家具の増設のご相談も多く、モデルハウスで実際の棚や収納スペースをご覧いただきながら、具体的なお話を進めることができました。

 

 

当社では、網戸の交換や棚の取り付けといった小規模な修繕から大規模リフォームまで幅広く対応していますので、どんなことでもまずはご相談くださいね♪

 

リフォームは、設備や素材が傷んだり、生活が不便になったりした時に検討し始める場合が多いですが、外壁・屋根のメンテナンス工事やバルコニーの防水工事については、目立った損傷がなくても10年を目安に行う必要があります。

こうした外回りの改修工事の際には足場を組まなければならないので、工事費が100万円以上かかる場合が多いです。そのため、あらかじめリフォーム用のお金を積み立てておくことをおすすめします。

 

 

一方、築数十年以上経った家を大規模に改修するとなると、新築とリフォームのどちらを選択するかが悩みどころです。

たとえば、リフォームに1,000万円かかるとしたら、

「どうせなら新築した方がいいかも…」と思われる方もいらっしゃるでしょうし、

「愛着のある我が家だから、どんなにお金がかかっても壊して建て替えるのは嫌だ」という方もいらっしゃるでしょう。

そこで私たちは、リフォームと新築のメリット・デメリットを明確にした上で、お客様とじっくり話し合い、最適な方法をご提案しています。

 

 

さらに、「暮らしを改めてデザインする」という想いを込めて、単なるリフォームではなく「デザインリフォームをご提案しているのも当社の特徴のひとつです。

次回は店舗の改装を含め、この「デザインリフォーム」について詳しくお伝えします♪

 

▼お問い合わせページ▼

http://www.miki1972.jp/inquiry/

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP