Homeブログ(幹の記)建ぺい率をご存知ですか?

建ぺい率をご存知ですか?

家を建てるとき、持っている土地の端から端までの面積に建物を建てられるわけではありません。

土地と建物の関係は建ぺい率という規定で定められているのです。

今回は、建ぺい率についてです。

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合で、地域によって異なります。

建ぺい率(%)=(建築面積÷敷地面積)×100です。

例えば建ぺい率が50%の地域で、100㎡の土地に建物を建てたい場合、上の式に当てはめると建築面積は50㎡であることが分かります。

ここでの建築面積とは、単に1階部分の床面積ではなく、建物を真上から見たときに地面が見えない面積のことを指します。

したがって2階部分が1階部分より大きい場合、建築面積は1階部分よりはみ出している2階部分の面積を加えなければならないのです。

また、軒やバルコニーは1m以内であれば加算されません。

建ぺい率は地域によって異なる上、同じ地域の中でも防火地域に指定されている場所とそうでない場所があります。

もしもその土地が防火地域に含まれているのであれば、建ぺい率が緩和される場合があります。

家を建てるなら、間取りなどを考える前に自分の地域の建ぺい率を知っておきましょう。

ブログ カテゴリー一覧

PAGE TOP