Homeブログ(幹の記) , 家づくりノウハウ建築費用をコストダウンする5つの秘訣

建築費用をコストダウンする5つの秘訣

こんばんは幹工務店です。

家を建てるときって、「こうしたい」「ああしたい」と、夢がいっぱい広がりますよね。

それを全部叶えられるといいけれど、問題なのが「費用」です。

すべてが理想通りの家を予算内で叶えるのはなかなか難しいものですが、アイデア次第で費用を抑え、できるだけ理想を取り入れることは可能です。

そこで今回は、「建築費用をコストダウンする5つの秘訣」を伝授いたします!

【その1:建物のカタチでコストダウン】

建物の形や間取りに凹凸が多いと、その分表面積が多くなり、仕上げ材や下地材も多く必要になります。そのため、できるだけ凹凸をなくして建物の形をシンプルにすることで費用を抑えられます。たとえば、2階建ての場合は1階と2階の床面積が等しい「総2階」にすると凸凹が少なくなり、建築費用を抑えられます。

【その2:間取りの工夫でコストダウン】

部屋の数が増えると、それだけ壁やクロス、ドアなどが必要となり、コストがかさみます。部屋を必要以上に仕切るのは避け、空間をできるだけオープンにして、仕切りたい場合はパーテーションや家具などを利用することでコストダウンを図れます。廊下もできるだけ設けない方がコストダウンにつながります。

また、トイレや浴室、洗面スペース、キッチンといった水回りの配置を分散させると、配水管の取り回しが複雑になるので、その分費用がかかります。そのため、水回りはワンフロアに集中させて設けると費用的にも動線的にもメリットがあります。

【その3:建具や造作家具でコストダウン】

建築費用で意外とお金がかかるのが、ドアや引き戸などの建具類です。そのため、建具をできるだけ付けないのもコストダウンの一策です。たとえば、個室の収納スペースには建具を設けず、オープンな状態で使うか、カーテンなどを利用するとコストダウンできます。

その代わり、リビングドアなど、インテリアのアクセントとなる部分には造作の建具を使用するといったメリハリを付けることで、住まいに上質感が生まれます。

また、キッチンや洗面スペース、子ども部屋などに造作家具や収納棚が必要な場合も、IKEAなどの安価な組み立て家具を上手に利用するとコストダウンできます。

【その4:素材でコストダウン】

家族やゲストが集まるLDKや、人目に付きやすい玄関などは内装の素材にこだわって、無垢の床や塗り壁を使用。一方、2階のプライベート空間は素材の費用を削ってメリハリを付けるのもコストダウンしながら理想の家を叶えるアイデアの1つ。最近はクロスやクッションフロアもスタイリッシュな色柄のものが増えているので、上手にコーディネートすれば見た目はグレードアップできる一方でコストダウンを実現できます。

【その5:DIYでコストダウン】

完成時に完璧な状態であることにこだわらず、入居後に少しずつ家をDIYでカスタマイズしていくことにすれば、それだけ建築費用を抑えられます。たとえば、「ウッドデッキは入居後にパパがDIYで!」「オープンラックは入居後に落ち着いてきたら、位置やサイズを暮らしに合わせてゆっくり検討する」・・・など、とりあえずどうしても必要でないものは後回しにする一方で、後々変更がきかない箇所はしっかりとお金をかけておくと、失敗なく費用を抑えられます。

この他にも、コストダウンのアイデアはいろいろあります。

幹工務店では、お客様の理想の住まいを予算内で叶えるために、アイデアや工夫を凝らした提案を行っています。マイホームの夢や憧れを最初から諦めることなく、実現するにはどうしたらいいかを、お客様と一緒に一生懸命考えながら家づくりを進めていきますので、いつでも気軽にご相談ください

文:トータルアドバイザー 井草 雅康(二級建築士)

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP