Homeブログ(幹の記) , モダン施工事例のご紹介:北区S様邸 〜前編〜

施工事例のご紹介:北区S様邸 〜前編〜

こんばんは幹工務店です。

いい家は何年経っても流行りすたりがなく、色褪せない魅力を保持し、

むしろ経年美すら感じさせてくれるものです。

今回は、そんな家の代表格ともいえる2階建の施工事例をご紹介します。

【浜松市北区:S様邸】

■お施主様との出会い

Sさんは40代のご夫妻と中学生・高校生のお子さんの4人家族。

最初はご実家のリフォームを目的にネットで色々な工務店を検索し、

当社のホームページからお問い合わせいただきました。

当社を気に入っていただけた理由は、設計やデザインの自由度が高く、

自分たちの思い通りのリフォームができるだろうと考えたからだそうです。

■ご家族の要望

仕事で東京に出かける機会の多いご主人は、都心の洗練された建物を見たり、

利用したりされることも多いため、特別なモダンデザインにしたいというイメージが強くありました。

テイストは色を使わないシンプルモダン。しかも、

都心のハイクラスなホテルのように解放的でラグジュアリーな空間であること。

その他にもご夫妻のこだわりは細部に渡ったので、

それを正確に理解し、いかにカタチにしていくかが一番の課題でした。そのため、

早い時期からフリーのインテリアコーディネーターさんとコラボして

プランニングを進めることになりました。

ご夫妻の話をじっくりとうかがい、デザインに落とし込んでいく一方で、

インテリアコーディネーターさんは何度も東京や名古屋へ足を運んで

家具や内装素材、アートに至るまでのインテリアアイテムを

絞り込んでいきました。

■完成した住まい

細部までこだわって完成したご新居は、建物が三層構造になっていて、

ダイニングキッチンと2階の間にリビングがあります。

そのリビングは天井高が3.5メートルの吹き抜け空間

室内は色を使わず、シンプルに仕上げたいとのご夫妻の要望通り、

床のタイルや壁・天井のクロスをグレーで統一

均等に6つ設けた窓がアクセントとなって、縦空間の広がりを強調しています。

ソファやTVボード、照明のどれもがマッチして、完成度の高いインテリア空間に!

さらに、インテリアコーディネーターさんの選んだアートが

グレーの空間に彩りを添え、華やぎとくつろぎ感をもたらしています。

S邸のこだわりはその他にもまだまだいっぱいありますので

次回続けてご紹介します。

また、当社の山下奈津美と担当トータルアドバイザーの私・仲尾が

S邸のお宅を紹介しながらインテリアコーディネーターさんにインタビューした

YouTube動画もご紹介していますので、ぜひご覧ください♪

文:トータルアドバイザー 仲尾 久造(二級建築士)

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP