Homeブログ(幹の記) , 施工事例 , モダン , その他施工事例のご紹介:白×黒がきわだつシンプルモダンハウス

施工事例のご紹介:白×黒がきわだつシンプルモダンハウス

こんばんは♪幹工務店です。
今回は、当社の施工事例をご紹介します。

今月発行のフリーマガジン「イエタテ冬号」でも紹介されますので、
ぜひそちらもご覧くださいね♪

【白×黒がきわだつシンプル・モダン・ハウス】

お施主様のMさんとは、当社と普段からお付き合いのある業者さんの紹介で出会いました。
当初は築35年のお住まいのリフォームを検討されているとのことでしたので、
まずは現場の様子を見せていただくことにしました。

Mさんの主なご要望は、
①お母さまの老後を思いやり、室内の段差をなくしてバリアフリーにしたい
②広々として開放的なリビングが欲しい
ということでしたが、
実際のお宅を拝見したところ、
リフォームでその要望を叶えるには大規模な改修が必要なため、
かなり費用がかかることが予想されました。つまり、金額的にみると、家を建て替えてしまうのとそんなに変わらないことから、新築に転向することになりました。

 

大規模リフォームの場合、今回のように建て替えと同じか、もしくはそれ以上に費用がかかる場合があります。
「幹工務店」では、建物の状況をしっかリと確認した上で、お客様のご要望に適った住まいを実現するには、リノベーションと新築のどちらが適切かを丁寧にご説明して、お客様がベストな選択をしていただけるようにサポートしています。

こうした理由で旧宅を建て替えることになったMさん。
完成した新居は、Mさんのこだわりとセンスを活かしたシンプルモダンなデザイン。
外観は黒、室内は白を基調にモノトーンでコーディネートし、
スタイリッシュな住まいに仕上がりました。

玄関にはシューズクロークと壁面収納をたっぷり設けてあり、
常に靴がすっきりと片付いていて、美しい状態をキープできます。
室内はすべてバリアフリーで、安全・便利な暮らしが実現。
お母さまの部屋は、生活や移動のしやすさを考えて、玄関の正面に設けてあります。

白を基調としたLDKは、大きな吹抜けのある開放感たっぷりの空間。
アイアンのスケルトン階段やキッチンの下り天井、家具に用いた「黒」のカラーが
広々とした白の空間を引き締めています。

広いリビングは、息子さんとお母さまの希望が合致して実現させたもの。
お母さまが広いリビングにこだわった理由は、
実はMさん宅のワンちゃんは散歩が苦手なため、
散歩の代わりに家の中を自由に動き回れるようにしてあげたかったからでした。

階段の下にはワンちゃんのケージを置くスペースを設けてあり、
床も傷が付きにくい突板フロアを使用しています。

また、プランニングの際には収納スペースにもこだわりました。
1階は生活感を排除するため「隠す収納」を採用。
パントリーやシューズクロークに荷物をしまって
いつもスタイリッシュで整然とした空間をキープできます。

一方、2階のMさんの個室は「見せる収納」にこだわり、
ご自慢のシューズやフィギュアのコレクションを飾って
好きなものに囲まれた暮らしを楽しめるようにしました。

Mさんに家づくりの感想を伺うと、
「白と黒の色のバランスに悩んで佐藤さんに相談すると、あまり良くないとか、すごく良いとか、
意見をはっきりと言ってくれるので、すごく参考になってスムーズに色々決められました。
1から10まで自分が良いと思ったものを選んでいたら、きっとすごくまとまりがない空間になっていたと思うので
プロとして全体的なバランスを考慮してアドバイスをしてもらえたのがすごくよかったです。
間取りも要望以上に暮らしやすいプランを考えてもらえて、満足しています」
・・・・・・と、お褒めの言葉をいただきました。

また、お母さまも、
「家の中の段差がなくなったので、移動がすごく楽になりました。
収納もたくさんあるので、ものを散らかさずに済んで助かります。
友だちからも大好評で、休日になるとみんながうちに集まって
ダイニングでお茶会を楽しんでいるんですよ」
と嬉しそうに話してくださいました。

おふたりともどうもありがとうございます。喜んでいただけて、本当に嬉しいです。

もちろんおふたりだけでなく、
ワンちゃんも新居が大のお気に入り。
日中、ご家族が留守でいない時でも、
ワンちゃんはリビングのソファでお昼寝したり、
広いフロアを走り回ったりと、のびのびと過ごしているそうです♪

幹工務店の施工事例は、ホームページでもたくさんご紹介しています。
ぜひご覧ください!

https://www.miki1972.jp/gallery/

文:トータルアドバイザー 佐藤 敬太

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP