Homeブログ(幹の記)昔から行われてきた内断熱工法!! その特徴とは~その2~

昔から行われてきた内断熱工法!! その特徴とは~その2~

前回の記事では、内断熱加工法の特徴をお伝えしました。
構造体の内側で断熱化を図る内断熱工法を用いて、冬でも寒さを感じない家にしませんか。
しかし、その内断熱工法にも弱点があるのです。
今回は、内断熱工法の弱点とその改善策をお伝えします。

まず、内断熱工法では、構造体に断熱材を入れますが、断熱されるのは室内だけです。構造材の部分や軸組は断熱されません。そのため、外部との温度差で構造材が傷みやすくなってしまいます。この問題に対しては、構造材に気を用いる対策が挙げられるのです。木は断熱性を有しています。そのため、木造ではこの問題が起きにくくなるのです。
また、前回の記事で、内断熱工法では室内の湿気を逃がすことをお伝えしました。その逃げた湿気はもう造材にこもってしまい、壁の中で結露が起きやすくなってしまいます。このような場合は、断熱材を工夫しましょう。断熱材には、繊維系と発泡樹脂系の二種類の断熱材がありますが、繊維系の断熱材ではなく、発泡樹脂系の断熱材を用いることをオススメします。繊維系の断熱材では、繊維内に湿気が侵入してしまい、断熱性が低下してしまうのです。断熱性を守るために、発泡樹脂系の断熱材を用いるようにしましょう。

二回に分けて内断熱工法の特徴と弱点、その改善策をお伝えしました。断熱材を構造体に入れることで断熱化を図る内断熱工法、構造体が傷みやすい事と構造体に結露が発生してしまうことを覚えておくことをオススメします。

ブログ カテゴリー一覧

PAGE TOP