Homeブログ(幹の記) , 家づくりノウハウ暮らしに合ったキッチン選びの秘訣!ワークトップ(天板)の種類と上手な選び方とは?

暮らしに合ったキッチン選びの秘訣!ワークトップ(天板)の種類と上手な選び方とは?

こんばんは幹工務店です。

キッチンは、いまや「家族の暮らしの中心」といっても過言ではないほど大切なスペース。料理を作るだけでなく、室内のアクセントや、家族のコミュニケーションの場としての役割も果たしています。そのため、キッチンをどのような形にするか、どのような扉のデザインを選ぶか、あるいはどんな種類のワークトップ(天板)を選ぶかがLDK全体のデザインや使い勝手にも大きく影響します。そこで今回は、キッチンのワークトップに着目し、どのような種類があって、どのように選べばいいかをまとめました。

■キッチンのワークトップ(天板)とは?

キッチンの「ワークトップ」とは、システムキッチンの上に取り付けられた天板のことで、調理や下ごしらえなどの作業を行います。ワークトップの上では、食材をカットしたり、お鍋を置いたり、材料の下ごしらえをしたり、配膳や片付けをしたりと、いろいろな作業が行われるため、トップの広さや素材の性質によって使い勝手が大きく変わります。

■ワークトップの種類とそれぞれの特徴

キッチンのワークトップに使われる素材には、ステンレスや人工大理石、天然石など、色々な種類があり、使い勝手やデザインに合わせて最適な材質を選ぶことが大切です。では、ワークトップの素材にはどのような種類があるのでしょうか。次の項目にそれぞれの種類と特徴をまとめました。

<ステンレス>

ステンレスのワークトップは、汚れが落としやすく、熱に強いのが大きなメリットです。また、ステンレスならではの質感や素材感がスタイリッシュモダンな空間やインダストリアルな空間にぴったりなので、性質だけでなくデザイン性で選ぶ人もいます。ただし、ヘアライン加工のステンレスは表面に傷が付きやすく、手垢や水垢が目立ちやすいため、エンボス加工やバイブレーション加工などが施された傷の目立ちにくいタイプを選ぶのがおすすめです。

<人工大理石>

人工大理石は、ポリエステルやアクリルの樹脂を使用して人工的に作られた大理石を使った天板です。白やベージュなどの色が多いので、お部屋に優しい印象を与えます。加工性に優れ、様々な色や形状への加工が可能なため、最近ではカラーや模様のバリエーションも増えてきています。従来は、衝撃に弱い点に不安がありましたが、最近は改善が進み、重いものを落としても欠ける心配はほとんどありません。ただし、熱したお鍋を置いたりすると変色する場合があるので注意が必要です。一方、人工大理石のワークトップはシンクと一体成型のタイプもあり、それを選ぶとお手入れが簡単でカビの発生を防ぐこともできます。

<セラミック>

セラミックのワークトップは、文字通りセラミック(焼き物)でできていて、表面に焼き物特有のザラザラ感があります。また、焼き物なのでもちろん耐熱性にも優れ、高温の鍋やフライパンを直に置くこともできます(ただし、ダメージは加わるため、普段は置かないようにしましょう)。硬度も高いので、まな板代わりに使っても刃物による傷がつかず、金属たわしでゴシゴシ洗うこともできます。さらに、耐久性にも優れているため、物を落としてもひびなどが入ることもなく安心して使えます。 調味料や洗剤をこぼしても変色しにくく、汚れも染み込みにくいという特徴があり、いつもきれいな状態を保てる万能な素材です。

<タイル>

タイルはセラミックと同様に、耐水性はもちろん、汚れや熱にも強い素材です。 タイルの天板は高級感があり、キッチン空間をグレードアップできます。また、タイルの色や質感をお部屋に合わせて選ぶことができ、室内のアクセントとしてインテリア性の高い空間を実現できます。ただし、左官屋さんの作業が必要になるため費用がかさむ点は注意が必要です。また、目地の部分にカビや汚れが発生しやすく、手入れしづらいので、使用後はその都度こまめに掃除をしましょう。

<天然石>

大理石や御影石といった本物の天然石を用いたワークトップには、人口では味わえない高級感や重厚感があり、耐水性・耐熱性・強度にも優れています。一方、素材自体の費用が高いだけでなく、重量も重いため、施工費や搬入費などの費用もかさむ点に注意が必要です。

<木材>

タモやトチの木など、強度や加工性に優れた木材に防水コーティングを施して、カウンタートップに用いることもできます。木材は経年美を楽しめる素材なので、使用年数がかさんでも、傷や変色が味わいに感じられ、汚れなども気にせずに済みます。

<モールテックス>

モールテックスは、セメントに特殊な樹脂が入った左官材で、モルタルに近い質感が特長。仕上がりがスタイリッシュなので、シンプルなデザインやインダストリアル系のデザイン住宅によく用いられます。水を通さない特徴がある一方で、強度や柔軟性にも優れ、ワークトップにも適しています。ただし、薄塗りを何度も重ねて仕上げていくため、左官屋さんの作業に手間がかかり、費用もそれなりにかさみます。

・・・以上の素材の他にも、メラミンやクオーツストーンなど、さまざまな種類の素材をワークトップに用いることができます。

■ワークトップの選び方

キッチンのワークトップを選ぶ際には、次のことに注意しましょう。

①熱に強い素材であること

調理中、ワークトップにうっかり高温のフライパンや鍋を置いてしまったり、熱湯をかけてしまったりする可能性もあります。それが心配な場合は、ステンレスやセラミック、タイルといった耐熱性にすぐれた素材を選びましょう。 また、熱があるものを直接天板に置く可能性がある場合は、事前に住宅会社やキッチンメーカーに耐熱性を確認しましょう。

②汚れにくく掃除がしやすいこと

キッチンは使う度に汚れる場所なので、掃除やお手入れがしやすい素材を選ぶのがおすすめ。 デザインだけで決めてしまうと、使い始めてから後悔する場合があるので注意しましょう。

③耐久性に優れていること

使っているうちに劣化が激しかったり、サビが付いたりすることのないように、耐久性に優れた素材を選びましょう。

④衝撃に強いこと

ワークトップに重たいものを落としてひびや割れ、凹みなどが生じることのないように、強度に優れ、衝撃に強い素材を選びましょう。

⑤インテリア性を考えて選ぶこと

キッチンの扉や室内の雰囲気と調和した、インテリア性の高い素材を選びましょう。

■まとめ

キッチンのワークトップにはステンレスや人工大理石以外にも、セラミックやタイル、木材など色々な素材を用いることができます。システムキッチンの標準仕様にはない素材でも、造作対応でキッチンの扉や室内の雰囲気に合わせた素材のワークトップにすることができます。ただし、素材には一長一短があるので、自分の使い勝手や好み、予算、周囲のインテリアに合った素材を選びましょう。幹工務店には、ワークトップに様々な素材を用いた施工事例が数多くあります。ぜひホームページの施工事例をご覧ください。

https://www.miki1972.jp/gallery/

また、「キッチンには特別にこだわりたい!」という方は、ぜひ幹工務店にご相談下さい

文:現場監督 金井 俊樹(インテリアコーディネーター)

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP