Homeブログ(幹の記)浜松の工務店が語る、ハウスメーカーと工務店の違いとは?

浜松の工務店が語る、ハウスメーカーと工務店の違いとは?

新しく家を建てようとしたときに、選ぶものの一つに、メーカー選びがあります。
この時、大きなくくりとして、ハウスメーカーか工務店のどちらかを選びますよね。今回は、ハウスメーカーと工務店のそれぞれの特徴を述べていきたいと思います。

 

・ハウスメーカーについて

ハウスメーカーとは、全国展開をし、日本各地で住宅建設をしている会社を示すことが多いです。
家を売ることを目的としており、実際の施工は、下請けの工務店がやることがほとんどだと言えます。また、家がある程度規格化されているのが特徴です。

 

・工務店について

工務店は、明確な定義はありませんが、住宅の工事全般を行う会社であり、地元に根付いている会社です。個人や、メーカーから、戸建住宅建設を請けおい、工事全体をマネジメントします。
個人からの依頼の場合、間取りやデザインの自由度を高くすることができます。

 

いかがでしたか。

ハウスメーカーは全国展開され、規格された家を売ることが多いです。
反対に、工務店は、地元に根付き、間取りを自由に決められるといった特徴があります。
ハウスメーカーと工務店の特徴を、しっかりと理解したうえで、自分の新居をどちらに頼むのか、決めていきましょう。

ブログ カテゴリー一覧

PAGE TOP