幹の記

  • 玄関のドアの種類と特徴 引き戸

    みなさんのお住いの住宅の玄関のドアはどんなタイプでしょうか。大きく分けて玄関のドアには2つのタイプがあります。前回は開き戸についてご紹介しました。今回は「引き戸」についてお伝えします。

     

    ・狭いスペースでも広い開口部を確保できる

    引き戸は扉を横にスライドさせるため、限られたスペースでも、広い開口部を得られることや開けっ放しにしておいても扉が邪魔にならないことが特徴としてあげられます。前後に扉を開閉させるスペースが必要ないので、玄関の前がすぐに門扉であったり、道路であったとしても取り入れやすいです。

     

    ・開閉作業がしやすい

    引き戸は非常に開閉作業がしやすい扉です。荷物で両手がふさがっていても、引っ掛ける程度でドアを開閉することができるので非常に便利です。また車いすやベビーカーを利用しやすいことも特徴の一つとしてあげられます。途中で扉を止めることができるので出入りしやすいですね。

     

    いかがでしょうか。今回は「引き戸」についてお伝えしました。引き戸はなんていっても開閉作業が非常に楽なので、車いすやベビーカーを利用している方には便利なドアとなっています。前回と今回で玄関のドアの2つのタイプについて説明しました。ぜひ参考にしてみてください。

お客様相談室TEL.053-453-0719 資料請求・
お問い合わせ

mail Contact us 幹工務店の家づくりに
興味のある方は、
お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ モデルハウス
お客様相談室 tel.053-453-0719

担当/佐藤・仲尾
受付時間 8:30〜18:00 定休日 日曜・祝日