Homeブログ(幹の記) , 家づくりノウハウバイクガレージのある家づくりの秘訣とは

バイクガレージのある家づくりの秘訣とは

こんばんは幹工務店です。

古い話になりますが、昔は浜松の3大産業というと、繊維・楽器・オートバイといわれていたものです。

特にオートバイは、世界的なメーカーであるスズキ、ホンダ、ヤマハの創業の地であり、

そのせいか、静岡県西部地域には、現在も幅広い世代のバイクファンの方々が大勢います。

そのため、バイクガレージ付きの住まいを希望されるお客様の割合も意外と多いんです!

バイクガレージがあれば、大切なバイクを雨風にさらすことなく保管でき、

バイクの手入れやDIYなど、スペースを多目的に利用することもできます。

バイク好きの人は自転車も好きな場合が多く、バイクと一緒に自転車を格納するケースも。

また、釣りやキャンプ道具などのアウトドア用品もまとめてしまえる収納スペースとしても活躍します。

では、実際にバイクガレージ付きの家をプランする際のポイントをご紹介します!

 

■ビルトインするか、住居と離して設けるか

バイクガレージを建物にビルトインするか、あるいは建物とは離れた敷地内に設けるかで

家づくりの間取り計画が大きく変わります。

家の中から常にバイクが見えるようにしたい!・・・とか、

バイク置き場としてだけでなく、プライベートスペースとして利用したい!・・・といったご要望がある場合は

建物にビルトインすることになります。

バイクガレージをどんなふうに使いたいか、よく考えてプランしましょう。

■音とニオイに注意!

バイクガレージを建物にビルトインする際は、

バイクの音やエンジンオイルのニオイが家の中にまで影響を与える可能性もあります。

音やニオイについては、もちろん近隣のお宅のことも気遣って検討しなくてはなりません。

また、洗濯物を干す場所をバイクガレージからできるだけ遠ざけて設けるなど、色々と配慮も必要になるので、

事前にご家族とよく話し合って、了解を得てからプランを進めましょう。

■床や内装選び

バイクガレージの床は土間にする場合が多いですが、中には鉄板やタイルを敷いたりする場合もあります。

あるいは、床の一部を板張りやクッションフロアにして、多目的に使えるフリースペースをプラスするケースも。

さらに、壁に棚を設けることも多いです。

壁材はOSB合板が人気ですが、

最近はコンクリートの打ちっぱなし風や金属風、そしてまさしくOSB合板風のクロスもよく使われます。

最近のクロスは柄のバリエーションが豊富で、表面に凹凸がついているものもあるので、

よほど壁に近寄らないと、クロスなのか本物の素材なのかわからないくらいリアルなんです。

ですから、個性的でスタイリッシュな空間を気軽にコーディネートできますよ。

バイクガレージは男のロマン! 

幹工務店ではこれまでにビルトインガレージやバイクガレージを数多くご提供してきた実績がありますので、

「マイホームと一緒にバイクガレージを作りたい」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。

奥様を説得する方法も、内緒で伝授しますよ(笑)

また、当社のホームページでは、ビルトインガレージのある施工事例や

バイクガレージのある暮らしを楽しんでいるOB様の事例をご紹介していますので、

ぜひそちらもご覧ください

人生を遊ぶ家

文:トータルアドバイザー 井草 雅康(二級建築士)

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP