Homeブログ(幹の記)秋から冬の快適な過ごし方

秋から冬の快適な過ごし方

 

こんばんは♪幹工務店です。晩秋を迎え、これから段々寒さが増していきますね。

快適な住まいを実現するには、夏の暑さ対策と同様に冬の寒さ対策を考える必要があります。
そこで今回は、冬の暖のとり方についてお話しします。

 

冬の暖房器具には、エアコン、石油ファンヒーター・石油ストーブ、薪ストーブ、ペレットストーブ、ガスファンヒーター、床暖房など、様々な種類があります。

なかでも特に一般的なエアコン、床暖房、ファンヒーターについて、それぞれの導入時に気をつけたいポイントをまとめました。

 

 

 

■エアコン

住まいが高気密・高断熱化したことで、最近ではエアコンだけで充分に冬を暖かく過ごせるというご家庭が増えてきました。エアコンだけでは充分な暖かさを得られない場合は、ホットカーペットやコタツなどの局所暖房を併用して暖を補いましょう。また、エアコンは空気が乾燥しやすいというデメリットがあるので、加湿を心がけましょう。

 

■床暖房 

床暖房を希望する場合には、床が無垢材だと材によっては木が反ってしまうことから、一般的にはフローリングをおすすめしていますが、床暖房用の無垢材や突板のフローリング材でも対応可能ですのでご相談ください。ただし、塩ビ系のフロアタイルは素材が熱で縮んでしまうので床暖房には不向きです。

また、最近は住まいの気密性・断熱性が高いので、せっかく床暖房を導入しても、「エアコンだけで充分に暖かいので全然使わない」という人もいます。とはいえ、冷え性の人は足元が寒いのが1番つらいので、やはり床暖房がおすすめです。いずれにしても、事前にご家族でよく話し合って選ぶことをおすすめします。

 

■ファンヒーター

ファンヒーターには石油式とガス式の2種類がありますが、ガスファンヒーターの方がパワフルで暖かいといわれています。また、灯油をいちいち買いに行かずに済む点も便利です。ただし、当たり前のことですが、オール電化のお宅ではガスファンヒーターは使えません。どうしても使うとなるとプロパンガスを導入する必要があります。

 

 

少し話題がそれますが、オール電化とそうでないお宅との割合は、当社の場合大体五分五分です。どちらにもそれぞれにメリット・デメリットがありますが、1つ言えることは、災害時にはオール電化ではなく、ガスも使えるようにしてあった方が助かります

9月末に発生した台風24号による大停電の際にも、ガスを引いてあったのでお湯を沸かしたり、調理したりすることができて助かったという声が多かったようです。

 

いずれにしても、家づくりの際には、ご家族の体質やライフスタイルに合った暖のとり方をよく検討した上で、快適な住環境を実現しましょう。

 

一級建築士 嘉本 慎也

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP