Homeブログ(幹の記) , 家づくりノウハウ , その他間仕切りリフォームの施工事例をご紹介します!

間仕切りリフォームの施工事例をご紹介します!

こんばんは幹工務店のトータルアドバイザー・仲尾久造です。

住まいは、建てた時が完成ではありません。家族の暮らしに合わせて模様替えをしたり、リフォームをしたりして、

家族の成長に合わせて暮らしやすく進化させていくことが、ずっと快適に暮らすための秘訣!

そして、建てた後もご家族と一緒に住まいも成長させていくのが私たちの務めです!

私たち幹工務店では、お施主様が理想の暮らしを実現できるように、DIYやガーデニングなどのアドバイスから、棚や造作家具など追加工事のご相談

模様替えに伴うリフォームなど、完成後もさまざまなお手伝いをさせていただいております。

その実例として、昨年末に実施したOBのお客様のお宅の間仕切りリフォームをご紹介します。

【子ども部屋の間仕切りリフォーム:O様邸】

Oさまは当初女の子2人のお子様がいる5人家族。ウエイクボードが家族共通の趣味というアクティブなご一家で、

8年前に私が家づくりを担当させていただきました。現在は女の子3姉妹になりました!

引越しの際には当社の他のスタッフ2名にも協力してもらい、お引越しまでお手伝いさせていただいたのが良い思い出です。

新居は延床約40坪で、アジアンリゾートをイメージした間取りもユニークな住まいです。

ロフト空間に広い子ども部屋を設け、いずれは仕切れるようにドア2つ付けてありましたが、

ご長女が中学生になり、個室が必要となったため、当初の予定通り、広い空間を仕切って2部屋にすることになり、

リフォームのご相談をいただきました。

お部屋はロフト空間で、天井も勾配が付いているので、2部屋に仕切るのは意外と大変な作業です。

どちらの部屋も快適に、しかも見た目もきちんとカッコよく仕上がるようにプランを考えました。

工事中、奥様は「現場を見るのが楽しい!」と、工事の写真をたくさん撮影されていました。

2部屋に仕切る壁はお部屋のアクセントにもなり得るので、デザインに変化を付けて、木目柄とヘリンボーン柄の壁紙にしました。

ヘリンボーンの壁側は、次女と三女のスペースに。

そして木目柄の部屋は中学生のご長女の個室スペースに。

ロフトにカーテンをつけたいとのことで、カーテンレールも取り付けました。

私もO様ご一家の暮らしぶりを目の当たりにし、大きくなったお子様たちの元気な姿も拝見できて、

「担当させていただいて本当によかったな」と改めて感激いたしました。

子どもが成長して、巣立ち、また夫婦ふたりの暮らしになって・・・と、私たちは建てた後もずっとお客様の暮らしを見守り、

それに伴って必要なサポートをさせていただきたいと思っています。

もちろん、壁を仕切るだけのリフォームも大歓迎なので、ぜひご相談ください。

文:トータルアドバイザー 仲尾 久造(二級建築士)

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP