幹の記

  • 間取りと階段の関係性

    住まいの間取りを考えるときに、階段の位置に悩む方は少なくないでしょう。

    そこで今回は、間取りと階段の関係性についてお話ししていきます。

    まず、知っておいて欲しいのは、階段には2種類あるということです。

    1つはまっすぐな階段、もう1つは折れた階段です。
    まっすぐな階段はデザイン的にもとてもシンプルですが、スペースをたくさんとってしまいます。
    一方、折れた階段はスペースが少なくてすむので、狭小の家に向いています。

    階段は種類と位置で間取りに大きく影響するので、どんなデザインの階段にするのか、1番に決めると良いでしょう。

    階段のデザインを決めることが、間取りを考え始めるきっかけになるのです。

    階段は、ただ単に上の階へとのぼるためだけのものではありません。

    階段を活かせば、間取りの空間の可能性が広がるのです。

    例えば、階段をリビングの中に入れてしまえば、階段にたくさんのスペースをとらなくても良くなります。

    デザインにこだわれば、階段がインテリアの良いアクセントにもなってくれますよ。
    また、部屋の外に階段を設ける場合でも、階段の下を物入れなどにすれば、スペースを有効に活用でき、室内もスッキリして見えます。

    階段を上手く活かして、素敵な間取りを考えてみてはいかがでしょう。

お客様相談室TEL.053-453-0719 資料請求・
お問い合わせ

mail Contact us 幹工務店の家づくりに
興味のある方は、
お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ モデルハウス
お客様相談室 tel.053-453-0719

担当/佐藤・仲尾
受付時間 8:30〜18:00 定休日 日曜・祝日