Homeブログ(幹の記) , 地域活動 , 新着情報2022年春から本格始動!これからの『幹工務店』のSDGsへの取り組みにご期待ください!

2022年春から本格始動!これからの『幹工務店』のSDGsへの取り組みにご期待ください!

こんばんは幹工務店です。

当社では2022年の春から、SDGs に向けた取り組みを本格的にスタートします。最近は小・中学校の授業にも取り入れられているSDGsですが、その概要をクイズ形式で振り返るとともに、今後の当社の方針についてお伝えします。

■知っておきたい!SDGsクイズ

SDGsはこれからの時代の新常識。ちゃんと理解できているか、ご自宅でお子さんとクイズに挑戦してみましょう。

Q1:SDGsの言葉の意味と目的は? 次の(   )の中に言葉を入れましょう。

SDGsとは、英語でSustainable Development Goalsと表記し、日本語で(  )という意味があります。2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択され、(  )年までに達成することを目指した国際目標です。地球上の「leave no one behind( ③日本語の意味 )」ことを誓っています。

Q2:SDGsの内容は? 次の(  )の中に数字を入れましょう。

SDGsは「( ④数字 )の目標」と「( ⑤数字 )のターゲット」で構成されています。例えば、目標1「貧困をなくそう」、目標2「飢餓をゼロに」、目標3「すべての人に健康と福祉を」などです。そして(  )の目標を達成するために、より詳しい目標が、それぞれに5~10個ほど設けられています。この具体的な目標までをすべて合わせて「(  )のターゲット」と呼びます。

Q3:SDGsに掲げられている目標のうち5つを挙げてみましょう。

・・・・・さて皆さん、答えられましたか? 解答は文末に記載してありますので、点数をつけてみてくださいね!

■幹工務店の取り組み

幹工務店では、これまでCSR(企業の社会的責任)という観点から、地域の皆様に喜んでいただけるようなイベントの開催やボランティア活動をはじめ、環境保護を意識した事業活動、性別や国籍などに関わらない雇用や業者選択、職場環境の改善などに取り組んできました。

それらは、SDGsに掲げられている目標と共通する部分が多々あります。そのため、今回SDGsの目標達成に向けてこれまでの活動を改めて整理・体系化し、なおかつ今後私たちが取り組むべき課題を検討することで、社内の意識の高揚と業者の皆さんとの連携強化を図っていく考えです。

現在は月1回のペースで社内会議を行い、SDGs についての情報の共有や目標設定について話し合うとともに、次回の会議までに課題を提出するようにして、それぞれがSDGsについて深く考える機会を設けています。

そして、社員全員で勉強や話し合いを重ねてじっくりと目標に向けた取り組みを検討し、内容がまとまり次第ホームページ等で発表したいと考えています。

今後の当社の取り組みにご期待ください

<クイズの解答>

Q1:①持続可能な開発目標  ②2030   ③誰一人取り残さない

Q2:④17  ⑤169

Q3:次の17の目標のうちから5つ挙げたら正解!

1.貧困をなくそう、2.飢餓をゼロに、3.すべての人に健康と福祉を、4.質の高い教育をみんなに、5.ジェンダー平等を実現しよう、6.安全な水とトイレを世界中に、7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに、8.働きがいも経済成長も、9.産業と技術革新の基盤をつくろう、10.人や国の不平等をなくそう、11.住み続けられるまちづくりを、12.つくる責任 つかう責任、13.気候変動に具体的な対策を、14.海の豊かさを守ろう、15.陸の豊かさも守ろう、16.平和と公正をすべての人に、17.パートナーシップで目標を達成しよう

SDGsについて詳しくお知りになりたい方は外務省の資料をご覧ください。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/pdf/sdgs_gaiyou_202202.pdf

文 トータルアドバイザー 仲尾 久造(二級建築士)

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP