アフターコロナの対策

こんばんは♪浜松市の幹工務店です。

 

今日は7月10日、納豆の日です。

納豆は良質なたんぱく質の宝庫と言われ、夏バテ防止にぴったりな食べ物。

心配されるコロナの第2波に備え、納豆を食べて健康な体を維持しましょう!

 

コロナ対策については、当社でもオフィスやモデルハウスにおいてマスクの着用や手の消毒、換気など、感染防止対策に細心の注意を払っています。

家づくりのご相談やお打ち合わせについては、お客様のご希望に応じてZOOMやスカイプ、ライン、Face Timeなどを利用したオンラインでの実施に対応しています。

 

モデルハウスや完成見学会についても、ご予約をいただいた上、個別にご案内していますので、安心してお申し込みください。

今回のコロナ対策を機に、会社として取り組んだことは他にもあります。

 

まず、施工現場への来訪者の記帳をより徹底するようにしました。

施工現場には色々な業者さんが出入りするため、万が一、関係者の中で感染者が発生した場合、感染経路の分析や感染拡大の防止に役立ちます。現場での人の出入りを細かくチェックすることは、現場管理の徹底にもつながります。

また、現場ではもちろん業者の皆さんにマスク着用をお願いしていますが、もともと木工事をしていると木屑が沢山飛ぶので、マスクの着用は防塵対策としても役立ちます。

 

結局、コロナ対策を徹底することは、働く現場の環境改善にもつながると改めて感じます。通常の業務を見直し、施工の質の向上につなげる良い機会だと考えて、前向きに取り組むことが大事ですね!

 

今後も幹工務店は「納豆」のように粘り強くコロナ対策に取り組んでいくことを、7月10日・納豆の日に宣言いたします(笑)。

これからもどうぞご愛顧のほど、よろしくお願いいたします!

 

当社の施工事例もご覧ください↓
https://www.miki1972.jp/gallery/

 

文:トータルアドバイザー 仲尾 久造(二級建築士)

ブログ カテゴリー一覧

PAGE TOP