コロナに負けない家づくり

こんばんは♪浜松市の幹工務店です。

 

コロナ禍によって今後の社会情勢に不安を感じ、新築を思いとどまる方が増えたのではないかと思いきや、ステイホームで改めて住まいの大切さを見直し、新築を計画する方が増えているようです。

 

実際に当社でもおかげさまでステイホーム以降、ホームページなどを見て問い合わせや相談を持ち掛けてくださるお客様の数が増えています。

お問い合わせのあったお客様から話を聞いたところ、

「ステイホームの期間中は子どもたちがアパート内で遊ぶしかないので、毎日ドタバタと大騒ぎ。ご近所の迷惑になりはしないかと気が気ではありませんでした」

「オンライン会議ができる場所がないのでリビングでやっていると、子どもたちが乱入してきたり、生活感が丸見えになったりして困りました」

「どこにも外出できないので、アパートのベランダにテントを張って『おうちキャンプ』を試みましたが、狭すぎてできませんでした」

「長い時間家の中にいると、部屋が狭いので段々ストレスが溜まり、子どもたちも兄弟ゲンカをよくするようになってしまいました」

・・・といったお声をいただきました。

 

ステイホームの経験を通じて、どなたも「ずっと家に居ても快適にのびのびと過ごせる家」、つまり戸建て住宅の必要性をあらためて悟られたようです。

あらためて考えてみると、戸建て住宅にはウィズコロナの時代にふさわしい様々なメリットがあります。

一戸建てなら、ステイホームの期間中でも庭やベランダ、あるいは屋上で、バーベキューやガーデニング、家庭菜園、おうちキャンプなどのアウトドアライフを楽しめます。

趣味の空間や、仕事に専念できる書斎もしっかり確保できます。

お子様が家の中を元気いっぱい走り回ったとしても、階下や隣のご近所を気遣わずに済みます。

また、一戸建てにはアパートのような共有部分がないので、感染症対策も家庭単位で徹底することができます。

幹工務店では、構造や断熱性などの性能はもちろんのこと、間取りや内装の素材とデザイン、高気密・高断熱、省エネ性などにこだわりながら丁寧にプランを重ね、ステイホーム期間中でも安心してずっと家に居たくなる快適な住まいをご提案しています。

 

まずは当社のトータルアドバイザーと一緒に、今の暮らしとこれからの暮らしについて気軽におしゃべりしてみませんか?

いつでもお声をおかけください♪

 

 

文:トータルアドバイザー 仲尾 久造(二級建築士)

ブログ カテゴリー一覧

PAGE TOP