Home家づくりノウハウスタディコーナー活用法

スタディコーナー活用法

こんばんは♪浜松市の幹工務店です。

あと10日で夏休みも終わり・・・お子さまの宿題は片付きそうですか?

理科の研究や図画工作、読書感想文など、夏休みの課題はなかなか手のかかる内容のものが多いので、子どもがちゃんとやりきれるか、パパやママも気が気ではありませんね。

 

子どもの勉強を見守るには、リビングやダイニングにスタディコーナーを設けると便利です。特に、小さな子どものいるご家庭は、新築の際にスタディコーナーを設けるケースが多いです。

 

子どもがいつも目に届く場所にいると、親だけでなく子どもも安心して勉強ができます。また、子どもが勉強で行き詰ったときに教えてあげることもできます。

 

 

最近、家族が一緒に過ごすLDKで勉強をすると集中力がアップするという一説があり、ダイニングテーブルで勉強をするお子さんも多いようです。でも、食事時になるとテーブルの上をいちいち片付けなければならないし、消しゴムのカスなども掃除しないといけないので、やはりスタディコーナーがちゃんと設けられていた方が合理的だし、子どもも落ち着いて勉強ができそうですね。

 

 

スタディコーナーは、子どもの勉強以外にも、パパがパソコン作業や読書をしたり、奥さまが家事コーナーとして利用したり、あるいは珈琲ブレイクを楽しんだりと、さまざまな用途に使えます。家族のコミュニケーションスペースとしても活躍しそうで楽しみですね。

 

▼詳細はこちらから^^♪
https://www.miki1972.jp/news/

 

文:広報 山下 奈津美

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP