Home家づくりノウハウハウスメーカーと工務店の家づくりはココが違う!

ハウスメーカーと工務店の家づくりはココが違う!

こんばんは♪浜松市の幹工務店です。 マイホームを計画するときに、最初に参考にするのがハウスメーカーのコマーシャルや住宅展示場・・・という方が多いようです。

 

 

では、そもそもハウスメーカーと工務店にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

ハウスメーカーと工務店を正式に区別する規定はありませんが、一般的にハウスメーカーとは、全国に営業拠点やモデルハウスを持ち、大規模で知名度の高い住宅会社のことをいいます。

 

一方、工務店とは、施工エリアを工事に支障のない範囲に限定して地域密着型の家づくりを行っている住宅会社のことを示します。

 

 

ハウスメーカーと工務店の家づくりには、それぞれに特徴があります。

 

まず、ハウスメーカー知名度とブランド力が高いことが大きな特徴です。実際の家づくりでは、自由な間取りの注文住宅と、規定の間取りと標準仕様の設備をベースに家を建てる規格住宅とがあります。しかし、注文住宅の場合でも、基本の間取りに変更やオプションを加えて自由度を広げる形が多く、自分の思い通りの家に近づけようとするとかなり高額になってしまいます。また、コマーシャルなどの広告宣伝費にかなり予算をかけているので、商品(建物)の費用がその分多少高額になることもあります。

 

一方、工務店は、ハウスメーカーのようなブランド力はありませんが、地域に根付いた信頼とサービスによる「顔の見える家づくり」を特徴としています。 費用的にみても、大手ハウスメーカーよりも低額で家を建てられるというメリットがあります。

 

工務店の中には規格住宅を取り扱っている会社もありますが、多くの場合は自由設計により、敷地やお客様の要望に応じて自由な家づくりを行っています。ハウスメーカーだと、外壁や内壁、床、キッチンや建具などの素材をメーカーのオリジナル品から選ばなければならない場合が多いですが、工務店では設備や素材も自由に選ぶことができます。

 

また、上棟後に工事中の家を見ながら内装の仕様を決めることができ、変更などにも柔軟に対応してもらえるので、ご家族の要望を細かく反映できるメリットがあります。

 

幹工務店の家づくりももちろん完全自由設計で、お客様のこだわりが細部まで反映された家をご提案しています。ですから、どの家も世界にたった1つのオーダーメイド品です! 個性あふれる施工事例の数々を、ぜひホームページでご覧ください。

 

施工事例はこちらから↓
https://www.miki1972.jp/gallery/

 

完全自由設計の家は、家づくりの過程を楽しめることも大きな魅力です。 そこで、これから当社のトータルアドバイザー・佐藤敬太自身の家づくりを計画段階からリポートしながら、家づくりの様子やこだわりポイントをご紹介していきたいと思っています。どうぞお楽しみに♪

 

文:代表取締役 藤井 武俊(二級建築士)

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP