断熱材について

こんばんは♪浜松市の幹工務店です。10月も下旬に入り、段々冬に近づいてきますね。冬でも暖かい家をつくるには、建物の気密性・断熱性を高める必要があります。そこで今回は、幹工務店が採用している断熱材についてお話しします。

 

当社では、吹付け硬質ウレタンフォームを採用しています。「硬質ウレタンフォーム」は、ポリウレタン樹脂を発泡させたスポンジ状の断熱材です。もともとは大型冷蔵庫などの断熱材として活用されていましたが、これを住宅用に改良したのが「吹付け硬質ウレタンフォーム」です。

 

 

 

ウレタンには硬質軟質の2種類があり、住宅用の断熱材には硬質が使われます

 

硬質ウレタンフォームは現場で直接吹付け工事を行い、窓や筋交いの周りといった細かい部分まで隙間なく充填できるため、気密性・断熱性にすぐれています。

 

また、湿気をも遮断して壁内結露やカビの発生を抑え、建物を長持ちさせることができます。

 

家全体の保温・保冷効果も高まり、冷暖房に必要な光熱費やCo2の排出量を削減。省エネで環境に優しい住まいを実現します。

 

さらに、防火性防音性にもすぐれているといった様々なメリットがあります。

 

幹工務店では、吹付け発泡硬質ウレタンフォーム以外にも、お客様のご要望に応じてセルロースファイバーなど他の断熱材を採用することも可能です。

 

それぞれの断熱材の特徴について詳しくご説明したうえで、お客様の理想の暮らしや予算に見合った断熱材選びを行っています。

断熱材についてもっとよく知りたいという方は、いつでもお気軽にお問い合わせください。

 

 

文:代表取締役 藤井 武俊(二級建築士)

ブログ カテゴリー一覧

PAGE TOP