Homeブログ(幹の記) , 家づくりノウハウ , YouTubeものづくりへの情熱がスゴい!アイアン製品などを手がける協力業者・マスダテクノ様のご紹介

ものづくりへの情熱がスゴい!アイアン製品などを手がける協力業者・マスダテクノ様のご紹介

幹工務店では、階段の手すりや室内干し用のポールなどにアイアン製品をよく用いますが、今回はその製作を手掛ける協力業者・マスダテクノさんをご紹介します。

マスダテクノさんは、アイアン製品以外に高効率紫外線殺菌装置・エアディフェンダーの自社開発を手がけた会社としても知られています。

エアディフェンダーについては、当社のYouTube番組でマスダテクノの桝田社長とのインタビューを公開していますので、ご参考にご覧ください。

 

マスダテクノさんは、前述のように、アイアン階段や手すり、インテリア・エクステリア製品、塗装治具、塗装用ハンガーをはじめ、自社開発製品やその他のオーダー製品を製造する会社です。

例えば、当社がお客様のお宅の手すりの製作を依頼した場合、マスダテクノさんが採寸から製品の詳細設計、製作、塗装、取り付けまで、ワンストップで対応してくれます。また、製造においては、主に次の2つのこだわりがあります。

マスダテクノさんのこだわり①アイアンはミガキ材を採用して加工

アイアンには、「黒皮材」と「ミガキ材」の2種類があります。まず、黒皮材とは、材料をおよそ900℃からから1,200℃の高温な状態にして加工する方法のことです。高温によって黒い酸化皮膜に覆われ、手触りがザラザラしているため、寸法精度はあまり高くありません。一方、ミガキ材は、室温や常温で金属を加工し、艶のある滑らかな表面が特徴です。金額は黒皮材よりも高くなりますが、加工しやすく、寸法精度も高いため、マスダテクノさんではミガキ材を採用しているそうです。

マスダテクノさんのこだわり②粉体塗装

また、マスダテクノさんでは「粉体塗装」という塗装を自社で行っているのも大きな特徴です。粉体塗装には40種類以上のバリエーションカラーがあり、今までの塗装では表現できなかった素材感も表現できます。厚さは溶剤塗装の約4〜5倍なので、塗装強度が高く、傷にも強いのが特徴です。また、柔軟性や耐候性に優れ、屋外で使用するものに対しても効果的です。さらに、有機溶剤を使用しないため環境に優しく、塗装時に塗装独特の嫌な匂いが発生しないため、作り手にも優しい塗装技法といえるでしょう。つまり、幹工務店が建てる家で採用しているアイアン製品もミガキ材が標準で、傷がつきにくく耐候性に優れているということになります。

また、マスダテクノさんでは「世界で唯一の面白い会社」をモットーに掲げ、こうした技術を活かして様々なアイデア製品を作っています。

住まいに関連する製品で言えば、アイアンを使った椅子やテーブル、照明器具、室内干し用のバー、あるいは、カラフルに色をつけたうんていなど、実にバラエティ豊かです!

幹工務店のYouTube番組では、マスダテクノさんの事務所をお訪ねした際の様子を公開しています。同社の技術を利用してつくったオリジナルのインテリア商品をいろいろ紹介でき、コントの冴えも抜群で(笑)、とても楽しい番組になりましたので、興味がおありの方はご覧ください。1つ1つの製品からものづくりへの情熱が伝わってきて、ワクワクしますよ!

 

マスダテクノさんの事務所を訪問し、ものを作る楽しみや、作り手としての感性があらためて刺激されたように感じます。

幹工務店では、こうした協力業者さんの技術力や発想力を集結させて、お客様と楽しいアイデアを共有して、オンリーワンの住まいを創り上げています。家づくり計画の際にはぜひご相談ください。

また、当社の施工事例もぜひご覧ください。マスダテクノさんのアイアン製品を使った家の事例もたくさん形されていますよ

https://www.miki1972.jp/gallery/

文:トータルアドバイザー 仲尾 久造(2級建築士)

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP