Homeブログ(幹の記) , YoutubeYouTubeで好評公開中!子育てハウスのルームツアーを徹底解説【前編】

YouTubeで好評公開中!子育てハウスのルームツアーを徹底解説【前編】

こんばんは幹工務店のトータルアドバイザー・佐藤敬太です。

当社のYouTube番組では、2020年2月に竣工した我が家のルームツアーを公開しています。

前編・後編にわたって我が家のこだわりと見どころポイントをご紹介しているのですが、なにせ細かい性分なので(笑)、まだまだ伝えきれません。

そこで、ルームツアーの内容に触れつつ、伝え足りなかったちょっと細かいポイント解説をさせていただきたいと思います。

ブログでもYouTubeの番組に合わせて、前編・後編に分けてご紹介します。今回は、前編のYouTube番組と併せてぜひご一読ください。

YouTube番組はこちらです↓

【ルームツアー】工務店の人の家ってすごいの? こだわりの子育てハウス前編【 スタイリッシュ 】

タイトルの「浜松一細かい男」というのが私です(笑)。我が家には3人年子の子どもがいるので、子育てがしやすい家づくりにこだわりました。

YouTubeではあまりに解説に熱が入りすぎ、「細かい!」と突っ込まれていますが、実はもっと細かい部分までお伝えしたいことがあります。まずは玄関からみていきましょう。

■玄関のただいま手洗い

YouTubeでは、玄関を広く確保した理由や、和室へのこだわり、シューズクロークの収納内容などを主にお伝えしました。さらに、私がお伝えしたかったけれど残念ながらカットになってしまったのは、「ただいま手洗い」のことです。

YouTubeでも触れていましたが、我が家では新型コロナの感染が拡大する前から、玄関に「ただいま手洗い」をつくることを計画していました。

特にこだわったのは、カウンターの下に子ども用のステップを置けるようにしたこと。この高さでは子どもが使いにくいので、すぐ取り出せる位置にステップを配置しておくと便利です。

また、配置場所が玄関の正面にあたるので、美観にももちろんこだわりました。水回りはどうしても水ハネが気になるので、手洗いの立ち上がりから30cmの高さまでタイルを貼ってあります。タイルは意匠性だけでなく、実は実用性もしっかり考えた上で採用しているのです。

タイルの上面には、メガネやコンタクトを置けるように奥行き12cmの棚を設けました。置くもののサイズに合わせて奥行きを決めると、仕上がりがすっきりとシンプルになります。実生活でも非常に使いやすく、役立っています。

キッチンへのこだわり

キッチンは、妻の家事の中心となる場所であり、暮らしのメインステージです。そのため、タカラスタンダードやTOTO、クリナップなど、主要メーカー6社のショールームをすべて見学に行きました。キッチンはメーカーごとに種類も豊富で、金額や機能、デザインなどを考えながら選ぼうとすると迷ってしまうので、最初は金額を確認しないで第一印象で気に入ったものを選ぶことにしました。それで、妻の目に留まったのがL I X I Lの「リシェル」シリーズです。最新のセラミック技術から生まれたセラミックトップはもちろんのこと、収納にもこだわりがあったため、コーナークローゼットも一目惚れし、そのまま採用しました。

キッチンはペニンシュラ型で、リビングが見えるように設計。ただし、調理の際の油汚れが気になるので、調理機器の前にはガラスをつけてもらいました。調理機器は、夫婦二人とも、フライパンを振って調理したいタイプなので、迷わずガスコンロを選びました。銘柄は、DELICIAの3つ口タイプです。

キッチン本体の扉色は、マットテイストのグレーズグレーをセレクト。それに合わせて、クロスや照明、家電、ゴミ箱までコーディネートしました。機能性とデザイン性を兼ね備えたキッチンスペースを実現することが、妻の1番の要望だったのです。

ダイニングスペース

ダイニングはキッチンと横並びにして、家族全員が座れるようにサイズも大きめにしました。天板はキッチンのワークトップと同じ素材にして統一感を持たせたのもこだわりの1つです。

うちには子どもが3人いるので、子育てがしやすく、子どもも快適に暮らせることが家づくりのテーマの1つでした。例えば、ダイニングテーブルの下は子どもの食べこぼしなどがよく落ちるので、汚れを拭き取りやすいようにように、床をタイル貼りにしてあります。

また、ダイニングの背面に子どもの学習スペースも設けてあります。室内に生活感を出さないように、学習スペースはリビングからは見えにくい場所に配置しました。

カウンターはキッチンの横にピッタリ収まるように、造作で設けてあります。ダイニングの雰囲気に合わせてメラミンのカウンターの柄をカップボードに近い色にしました。壁は下地のボードに鉄粉を混ぜ込んであるマグネット仕様にしてあるので、保育園のお知らせなどを貼っておけます。

これでもまだまだ話し足りないので、家づくりの際の参考にと、ご興味のある方は

6月25(土)~7月8日(金)に開催の内覧会開催期間で実際の家をご覧ください。

会場では、さらに「細かい解説」をじっくりさせていただきたいと思います。

【こだわりの子育てハウス・ルームツアー期間開催!】

日 程:6月25日()~7月8日(金) 

場 所:浜松市南区

※平日を含む14日間、見学可能です。

※土日は基本的に午前中の予約となりますが午後希望の方はご相談ください。

時 間:・・・①10:00~11:00 ②11:00~12:00 

      平日・・・①10:00~11:00 ②11:00~12:00 ③12:00~13:00

         ④13:00~14:00 ⑤14:00~15:00 ⑥15:00~16:00 

【ご予約方法】

電話:0120-530-719

問い合わせフォーム

公式LINE: 友だち追加 

※予約枠には限りがございますのでお早めにご予約ください。


次回は引き続き、我が家の2階スペースのこだわりについて見どころを細かく解説します。

どうぞお楽しみに!

また、YouTubeも前編と一緒に後編もぜひご覧ください。

文:トータルアドバイザー 佐藤 敬太

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP