心ゆたかなLIFE STAGE・器の家

Natural

心ゆたかなLIFE STAGE・器の家

今回ご紹介するお住まいの「L」は、「LIFE STAGE」。

シンプルな空間でご家族3人が彩り豊かな暮らしを楽しめる家です。

 

築25年の家を両親から譲り受け、最初はリフォームを検討されていたご夫妻。住宅雑誌で当社の記事を見て問い合わせをしてきてくださったのがきっかけで、当社とのお付き合いがスタートしました。

 

旧宅は老朽化が進み、サッシもシングルガラスで断熱効果が低く、湿気がこもっていました。また、駐車スペースが自動車1台分しかなかったことから、減築をして駐車スペースを増やすことも考えていました。ところが、実際に建物を調査すると、通し柱をはずせないので減築が思うようにできないことと、柱や梁、床、壁などの建物を支える構造部材自体を直さないと湿気の問題をクリアできないことがわかり、当社で新築をおすすめしました。

 

実は、お施主様も最初は新築を希望していたのですが、住宅展示場で回ったハウスメーカーの家だと30坪程度でもかなり高額になると言われたので、予算的に難しいと思ってリフォームを検討し始めたのだそうです。そこで、「幹工務店ではそんなにお金を掛けなくても十分にご希望の家が建てられますよ」とご説明をして、実際のプランをご提案することに。ご夫妻ともファーストプランをとても気に入ってくださり、「幹さんならテイストも自分たちの好みに合っているし、打合せの段取りもスムーズに進みました」とのことで、家づくりをお任せ頂けました。

 

基本的なスペックはモデルハウスや見学会場でご確認の上、内容をご納得頂きました。また、「すっきりした家に住みたい」というのがご夫妻のご希望でしたので、シンプルで色目も少なめにデザインしました。

 

幹工務店ではお客様のご新居をプランニングする際、必ず1邸ごとにテーマを付けてから構想を練ります。

今回のご新居をプランするにあたって、担当の私・佐藤が付けたテーマは、「器の家」。

家は主役ではなく、あくまでもご家族の生活が主役。白いお皿に美味しい料理を乗せるように、ご家族の彩りゆたかな暮らしが映えるシンプルな器のイメージで住まいをデザインしました。

 

室内外には奇抜な色は使わず、外観では白を基調としつつ、木の縦格子、軒天と外壁を同素材の杉板で回すなど素材感や配色で変化をつけました。

 

室内も白のバランスを多くとりつつ、タイル、木、といった素材にグレージュ系(グレーとベージュの中間色)の色味をプラス。そして、家具や家電、雑貨や住まい、人がアクセントとして成り立つように仕上げました。

シンプルで飾り気のない空間に、ご家族のお気に入りの家具や雑貨、植栽、ファブリックなどのインテリアが引き立ちます。

 

間取りで最も特徴的なのは、2階にLDKを設けて日当たりを充分に確保したこと。

また、洗濯の作業を2階で全部済ませられるように、水回りを1ヶ所にまとめて動線も短縮しました。

 

1階には寝室や子ども部屋を設け、プライベートとコミュニティスペースを上下で分けてあります。

 

シンプルな器としての空間に、ご家族好みのインテリアが彩りを添え、メインディッシュであるご家族の生活(LIFE)がいっそう華やぐ住まいが実現しました。

 

 

他の施工事例もご参考ください↓

https://www.miki1972.jp/gallery/

 

お客様相談室TEL.053-453-0719 資料請求・
お問い合わせ

mail Contact us 幹工務店の家づくりに
興味のある方は、
お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ モデルハウス
お客様相談室 tel.053-453-0719

担当/佐藤・仲尾
受付時間 8:30〜18:00 定休日 日曜・祝日