3世代の絆が深まるアジアンリゾート風の家

Natural

3世代の絆が深まるアジアンリゾート風の家

今回ご紹介するお住まいの「L」は、「LINK(絆)」。

子育て世代のKさん一家とおばあさまが、お互いの絆(LINK)を深めながら仲良く暮らす家です。

 

外観は、街の風景に溶け込むシンプルモダンなデザイン。そして室内は、「新婚旅行で行ったモルディブが忘れられなくて、その時に泊まった水上コテージのような雰囲気にしたかったんです」というご主人のご希望通り、アジアンテイストのリゾートチックな空間が広がります。

 

フルオープンのリビングは、Kさん夫妻が新婚旅行で泊まった水上コテージをイメージしてデザイン。アジアンブラックの無垢の床が圧倒的な存在感を放ちます。

また、無垢の素朴な質感と温かみが室内全体を心地よく包み込み、冬でも素足で過ごせます。

化粧梁や造作の建具・家具も床と同じトーンに着色し、統一感溢れる空間が実現。テーブルやイスのコーディネートもバッチリで、ご夫妻のセンスの良さを感じさせます。

 

ご主人が特にこだわったのは、リビングと隣接したサーフィン庫。ボードラックと温水シャワーを完備しています。外との仕切りには格子戸を採用し、アジアンテイストを感じさせる空間に仕上げました。

サーフィンから戻ったら、ボードをボードラックに収納。サーフィン庫内でシャワーを浴びて砂を落とし、そのままリビングへ・・・モルディブのコテージさながらにサーフィン・ライフを満喫できます。

また、サーフィン庫は子どもの遊び場や、室内干しなど多目的に利用でき、家族の暮らしにも役立っています。

 

一方、奥さまがこだわったのはダイニングスペース。

ダークブラウンの床に映える白いキッチンは奥さまの憧れをカタチにしたもの。

シンクも白で統一し、キッチン全体をシンプルにコーディネートしました。

 

キッチンに立つと室内全体が見渡せるので、子どもたちがどこにいても目が届きます。

おばあさまと一緒に料理ができるように、キッチンの高さを低めにしてあります。

 

生活感を隠して常にオシャレな空間をキープできるように、食品庫や電化製品をリビングから見えにくい場所に配置。ダイニングの造作ベンチは座の下が収納になっていて、こまごましたものをしまっておけるので、お部屋がすっきり片付きます。

 

さらに、おばあさまの部屋は暮らしやすさを考慮して、玄関のすぐ横に配置。南面に設けた掃出し窓から明るい日が注ぎます。

 

また、おばあさまが新居に戸惑いなくゆったりと寛げるように、長年慣れ親しんだ旧宅と同じ動線を再現。部屋の東側には丸窓を設けてあり、表通りの騒音を軽減しつつ明るさと風通しを確保できるようにしました。

 

ご夫妻の憧れをカタチにし、おばあさまの暮らしを思いやった住まいで、家族みんながまるでアジアンリゾートに滞在しているかのようにリラックスして日々の暮らしを満喫しています。

 

▼他事例もご覧ください^^♪

https://www.miki1972.jp/gallery/

 

 文:広報 山下 奈津美

お客様相談室TEL.053-453-0719 資料請求・
お問い合わせ

mail Contact us 幹工務店の家づくりに
興味のある方は、
お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ モデルハウス
お客様相談室 tel.053-453-0719

担当/佐藤・仲尾
受付時間 8:30〜18:00 定休日 日曜・祝日