Homeブログ(幹の記) , Qちゃん家の猫ちゃん猫と暮らす~Qちゃんのニャンダフル・ライフ~ vol3 猫のしつけ

猫と暮らす~Qちゃんのニャンダフル・ライフ~ vol3 猫のしつけ

こんばんは♪幹工務店のトータルアドバイザー・仲尾久造ことQちゃんです。

わが家の愛猫6匹との暮らしを中心に、

猫との暮らしの楽しみ方をご紹介する「Qちゃんのニャンダフル・ライフ」。

今回は、「猫のしつけ」の話です。

我が家には猫が6匹いて、1匹1匹性格やライフスタイルが異なります。

だから、しつけをするのもなかなか大変。

なかでも特に十猫十色なのが、ご飯とトイレです。

たとえば、我が家では猫たちにご飯を1日に数回、

少しずつ与えるようにしています。

一応、6皿にスプーン2杯ずつ程度エサを足すのですが、

6皿に分けてあるからと言って、

どの子も自分専用のお皿のエサを食べるわけではありません。

だから、実際にどの子がどれだけエサを食べているのかも

実は把握できていないのですが、おかげさまでみんな元気なので、

きっとそれぞれにちゃんと食事を摂れているのだと思います。

猫たちのなかには、人間の食べものに興味津々な子もいます。

ですから、お行儀の悪い話ではありますが、

食事中にダイニングテーブルの上に乗って食べ物を取ろうとしたり、

ダイニングの下に隠れてスタンバイしていて、

食事になるとお裾分けをせがみにくる子もいます。

でも、もちろんエサしか食べない子もいます。

モチは、食べ物ならなんでも大好き。

シラスなどのお魚や、豚肉、そしてお蕎麦にいたるまで好んで食べます。

なんでも食べたがる子は、自分が可愛くせがむと、

ものを食べさせてもらえることを知っているので、

欲しいと思うとずっと要求してきます。

ですから、なんでも食べるクセを付けないようにするには、

どんなに可愛く迫られても、あまり与えすぎないことが肝心です。

また、テーブルに上がってきたら、ちゃんと「ダメ」と伝えると、

意外と言うことを聞くものです。

食事と同様に、大変なのがトイレのしつけです。

うちの子では、ほとんどの子がトイレにちゃんと排泄をしてくれるのですが、

ただ1匹、ヨリちゃんだけはベッドにおしっこをしてしまう時があります。

でもそれは、たとえば水をきれいなものに交換していなかったり、

トレが汚れていたりすることが理由なので、

飼い主の僕たちが普段から気を配ればいいこと。

結局、しつけと言いつつ、

飼い主の自分たちが気をつければ済むことが結構多いものですね。

さて、当社には猫に限らず、犬や魚、ハリネズミなど、

動物好きなトータルアドバイザーが色々います。

ペットとの快適な暮らしをお考えの方は、ぜひ幹工務店にご相談ください。

また、当社の施工事例もご覧ください↓

https://www.miki1972.jp/gallery/

 

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP