Homeブログ(幹の記) , お客様の声-Miki's Life- , 家づくりノウハウ , 家づくりQ&Aイエタテ6・7月に掲載されたお客様邸をご紹介!しあわせの宝探しに胸がワクワクの3層構造の家:後編

イエタテ6・7月に掲載されたお客様邸をご紹介!しあわせの宝探しに胸がワクワクの3層構造の家:後編

前編はこちらから

後編は、お施主様インタビュー!!ご長女も一緒に参加してくださり、会話が楽しく弾みました。

しあわせの宝探しに胸がワクワクの3層構造の家【浜松市西区:N様邸】

お客様の声

Q:まず、マイホームを建てようと思ったきっかけを教えてください。

奥様:以前は主人の実家で両親と同居していて、もしいつか地震が来て実家が壊れたりしたら、隣の空いている敷地に家を建てようかというような話をしていたんです。といっても地震が来るか来ないかもわからないし、実際に家を建てるのはまだまだ10年以上は先だろうと思っていて、当時はあまり現実的には検討していなかったですね。それが、両親の方からそろそろ私たち家族で住む家を建てたらどうかとすすめてくれて・・・

ご長女:あのね、私がじいじとばあばに「ママが平屋を建てたいんだって」って話したら、じいじとばあばがそう言ってくれたみたいなの。それでパパとママが「じゃあ建てようか」ってなって・・・。

様:(笑)そうなんですよ。実は、私が前々から平屋暮らしに憧れていて、そんな話を子どもたちにしたことがあったものだから、それをこの子がおじいちゃんとおばあちゃんに話したら、主人も年齢的に家を建てたい頃だろうから、本当に家を建てたらどうかと勧めてくれたんです。

Q:そうなんですか・・・やさしいご両親ですね。平屋のどんなところに憧れていたんですか?

奥様:平屋は階段がなくて、上がったり下がったりしなくてもいいから、日常生活が効率よくこなせるんじゃないかと思って。でも実際にプランし始めたら、パン工房や趣味の部屋、ロフト付きの子ども部屋と、いろんな要望が増えていき、結果的に2階建てどころか3層構造の家になりましたけどね(笑)。

Q:こちらの敷地はご実家で所有されていた土地ですか?

奥様:いえいえ、土地は当初はまだどうするか全然決めていなくて、私たちがのんびりしていたら、おじいちゃんやおばあちゃんの方が探してくれたりして(笑)。たまたますぐ隣に土地が見つかったので、購入することにしました。

ご長女:ここならすぐにじいじやばあばと会えるし、パパとママがお出かけの時も安心だし、「いいね!」ってなったんです!

Q:工務店はどのくらい検討されましたか?

ご主人:全部で3社ほど検討しましたが、結果的には最初に相談に伺った幹工務店さんに決めました。幹工務店さんを訪ねたのは、住宅会社を紹介してくれるカウンターですすめられたのがきっかけです。

奥様:それに、たまたま娘が仲良くしているお友だちの家も幹工務店さんで家を建てたし、他にも周りに幹さんで家を建てた人が結構いたので安心感を感じましたね。

Q:当社を選ばれた決め手となったのは?

ご主人:家族の要望を伝えたところ、ほとんどのことは実現できると言ってもらえたからです。正直言って、他社では難色を示されるケースが多かったので、助かりました。

ご長女:ワタシはね、モデルハウスにボルダリングがあって、それが欲しいから!

奥様:そうそう(笑)。浜北モデルハウスにボルダリングがあるので、子どもたちも打ち合わせに行くのに喜んでついてきて、しょっちゅう遊んでいましたね。それ以外の決め手としては、お金の相談も幹さんが1番丁寧にやってくれて、無理難題を言っても予算に見合うように融通を利かせてくれたのがありがたかったです。

Q:では、具体的な間取りや各部屋の特徴について伺います。まず、キッチンでこだわったのは?

奥様:ご覧の通り、オールステンレスのキッチンにこだわりました。最初は人造大理石にしようかとちょっと悩んだりしましたが、途中から「やっぱりオールステンレスが絶対にいいと思って。かっこいいし、機能的だし、お手入れもしやすいですからね。ただ、オールステンレスのキッチンは価格が高いので、それがネックだったんですが、藤井社長がナスラックのステンレスをすすめてくれて、ショールームに見に行ったら一目で気に入り、価格も他のメーカーよりお手頃だったので決めました。

実際もすごく使いやすくて、やっぱり選んでよかったです。ウォールキャビネットは上から降りてくるタイプを選んだんですが、これがとっても便利なんですよ。私は身長が低いので、以前は荷物の上げ下ろしが大変だったんですが、今は使いやすくてすごくありがたいです。

ご主人:ステンレスのキッチンに合わせて幹工務店さんが造作でつくってくれた背面の収納も気に入っています。

Q:基本的な間取りはご自分たちで考えたのですか?

奥様:そうですね。私たちの要望を主人が図面に落とし込んでプランを作り上げていきました。それを無理を言って、幹工務店さんにまとめてもらって。耐震等級3を確保しつつ、主人の描いた図面通りに家を建てるのはかなり難題だったようで、社長や一級建築士の鈴木さん達が一生懸命考えて設計してくれました。

Q:リビングの隣に和室がありますが、こだわりは?

奥様:実は、私の実家の障子を外して持ってきて、和室の襖に再利用してあるんですよ。それと、雪見障子を設けたのもこだわりです。

Q:ダイニングにあるのはお子様のスタディーコーナーですか?

奥様:いえ、私の家事カウンターです。アイロンがけをしたり、ミシンをしたり、家事をしたりと、何にでも使えてすごく便利ですよ。以前は2階に部屋があったので、家事をしながら他のことをするということができなかったんです。今はテーブルが大きいし、キッチンもすぐそばにあるので、家事をしながら何でも同時進行でできるので時短になりますね。

Q:洗面スペースをダイニングに設けた理由は?

奥様:うちには子どもの友だちがお母さん連れでよく遊びに来て、一緒にご飯を食べることも多いんです。それで、以前の家では、ご飯の準備ができたら子どもたちに「廊下の洗面で洗ってきてー」と手を洗いに行かせるのが結構大変だったんですよ。でも、ここならすぐに手を洗えますよね。ただし、目立つ場所にあるので見た目も良くしたくて、タイルにもこだわりました。もちろんちゃんと洗面スペースとしても使っていて、子どたちもお風呂から出るとここで髪の毛を乾かしています。脱衣場には鏡をつけなかったので、顔を洗ったりするのもここで全部やります。

Q:間取りを3層構造にした理由は?

ご主人:リビングに収納空間が欲しかったので、寝室を1.5階にしてその下をリビング収納にしました。さらに、僕は雅楽が趣味で竜笛や小鼓、琴を演奏するんですが、読書や工作も好きだし、そういう趣味のスペースも欲しかったので、スキップフロアを設けてヌックのようなスペースを確保しました。結果的に、秘密の隠れ家みたいで、1番いい部屋になりましたね。1.5階の寝室は、今は琴などを演奏するフリースペースに使っていて、寝るのは子ども達と一緒に子ども部屋でみんなで寝ています。

Q:子ども部屋のボルダリングやロフトはお子様達のご要望ですね!

奥様:もちろんそれもありますが、主人の遊び心もあって(笑)。子ども部屋はスペースも広くしたので、部屋の中でボール遊びもできて、遊びに来る子ども達にも大好評です。

Q:屋上もありますが、設けた理由は?

ご主人:屋上は、僕の要望です。周りの風景が見渡せて気持ちいいですよ。一応水道の設備も設けたので、ここでバーベキューをしようと思えばできます(笑)。庭もあるので、実際はすることはないかもしれないですが(笑)。

Q:全体的に家づくりを振り返って、大変だったと思うことやこだわったことは?

奥様:とにかくキッチンをメインに考えました。「どうしたらこれが家の中にうまくハマるか?」っていうくらい、キッチンをはめるのが大変で、私がああでもない、こうでもないと意見するのを主人が上手にプランに入れ込んでくれました。キッチンを吹き抜けにしたのは、前の家のキッチンが暗かったから、光を入れて明るくしたかったんです。それと、キッチンで作業していても、2階で子どもが遊んでいる様子がわかるようにしたいというのも理由の1つです。おかげで普通に会話ができるくらい声もよく通るんですが、主人の小部屋の部分は構造的に壁を作らなければいけなかったので、多分キッチンからの声が1番届きにくいんじゃないかな。

Q:気に入っているところはありますか?

ご長女:私はね、ロフトと子ども部屋が1番好き。ボルダリングに登るのがすごく楽しくて、ロフトにはテントを張ったりしています。自分たちでキャンプごっこをして遊ぶのが好きです。

奥様:基本的に、主人も私もインドア派なので、実際のキャンプには行けなくて笑。家を建ててから、どこにも出かけなくても子ども達が本当に楽しそうに遊んでくれているので、それが1番嬉しいですね。キャンプは庭や屋上でできるし、家で十分にのびのび遊べますしね(笑)。これだけ色々揃っていると、外に出かける必要がなくて、この頃はあまり出かけないですね。ますますインドア派になっちゃいました(笑)。

Q:建ててからの家事の状況は?

奥様:それはもちろん、すごく家事がしやすいです。特に、回れる動線がとても便利で助かっています。幹工務店さんのおかげで、諦めかけていた夢をすべて形にできたので、本当によかったです!

・・・・・・・・Nさん、どうもありがとうございました!

今回ご紹介したNさまのお宅以外にも、これまでにイエタテに掲載したお客様邸の記事をWEBイエタテでご覧になれます!ご興味がおありの方はぜひ下記よりご覧ください。

https://www.sumailab.net/P22/A5/mikimiki/works/

また、今月の6月24(土)~7月8日(金)の間、当社のトータルアドバイザー・佐藤の築2年目の自宅の見学会を開催します。「家づくりのプロの自宅を見てみたい!」という方や、「実際に家を建てたOBさんの実際の暮らしぶりを見たい!」という方には是非おすすめです。ご案内は後日ブログをはじめインスタなどで告知しますので、お楽しみに♪

また、YouTubeでも佐藤の自宅を公開していますので、事前にそちらをご覧になっておくと、楽しさが倍増しますよ♪

文:広報担当 山下 奈津美(インテリアコーディネーター)

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP